フィンランド人のヤマハライダー「ヤーノ・サーリネン展」がコミュニケーションプラザで4/16から開催

フライング・フィンと呼ばれたヤーノ・サーリネン

ヤマハ発動機は、日本・フィンランド外交関係樹立100周年である今年、記念イベントと位置づけ「ヤーノ・サーリネン展」を4月16日(火)からコミュニケーションプラザで開催する。

ヤーノ・サーリネンは1970年代に彗星のごとく登場したフィンランド人のヤマハライダーで、約2年の間にGP15勝と圧倒的な強さを誇った。彼の独特なライディングフォームは後々、高速ライダー達のスタンダードフォームになった。また、レース中、彼の横に常に付き添い、メカニックとして献身的にサポートした奥さまもまた、世界中のモータースポーツファンを魅了した。

ヤーノ・サーリネン展では、当時の写真や映像などで、ヤーノ・サーリネンを紹介する。また、本イベント限定グッズを販売予定。限定グッズは在庫が無くなり次第販売終了となる。イラストは、本イベントのためフィンランド人イラストレーターが書き下ろした。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る