ドゥカティ、2018年に営業利益率7%を達成 5万3,004台のモーターサイクルを販売

4年連続で5万台以上の販売実績

ドゥカティは、過去数年間にわたる成長路線を、2018年にも再び継続することに成功した。2018年には、世界中で5万3,004台(2017年:55,871台)のモーターサイクルを販売し、全世界の市場において500cc以上のモーターサイクルの販売台数が2.7%減少する中、4年連続で5万台以上の販売実績を記録した。

一方、ドゥカティ最大の市場である米国では特に厳しい状況が続いており、販売台数は約9%減少している。

以下プレスリリースより


2018年の売上高は6億9,900万ユーロ(2017年:7億3,600万ユーロ)で、営業利益は4,900万ユーロ(2017年:5,100万ユーロ)、営業利益率は2017年と同じ7%でした。ドゥカティは、市場の縮小による販売台数の減少を、パニガーレをはじめとする利益率の高いモデルの好調な販売により相殺し、前年度と同水準の営業利益を確保することができました。

アウディ・グループの2018会計年度の財務データは、インゴルシュタットのアウディAG本社で開催される年次記者会見で発表されます。ドゥカティの業績は、アウディ・グループのモーターサイクル部門に反映されています。

「2018年は、様々な側面で困難な年となりましたが、年間を通じての財務実績には満足しています」と、ドゥカティ・モーター・ホールディング最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリは述べています。「ドゥカティは、新製品を開発するために必要な資金を継続的に調達するためのリソースを生み出しており、非常に明るい見通しを持っています」

ドゥカティ・モーター・ホールディング最高財務責任者(CFO)のオリバー・シュタインは、次のように付け加えています。「現在ドゥカティが全力で取り組んでいる技術開発プログラムを計画通りに進行するためには、安定した財務内容が非常に重要です」

ドゥカティ・モーター・ホールディングは、現在1,591人の従業員を雇用しています。イタリアのボローニャを拠点とするドゥカティは、世界90か国以上に720のディーラー・ネットワークを擁しています。

情報提供元 [ Ducati ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る