ホンダ、東京・大阪モーターサイクルショー出展概要を発表

Hondaは、2019年3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪で開催される「第35回 大阪モーターサイクルショー2019」と、3月22日(金)から24日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」に、さまざまなカテゴリーの二輪車を23台(予定)出展する。

市販予定車、市販車、レースマシンに加え、今年、節目の年※1を迎えるCBシリーズの歴史を伝えるコーナーが設けられる。

また、各モデルの後方に設置する壁面で、それぞれのモデルが持つ世界観を演出しながら、そこを撮影スポットとすることで、幅広い客層が楽しいモーターサイクルライフを体感できるブースを展開する。

※1 1959年発売のベンリィ CB92 スーパースポーツから60周年、1969年発売のドリーム CB750 FOURから50周年、1979年発売のCB750Fから40周年

出展車両

■市販予定車(新色設定)

CB250R

新世代CBシリーズに共通する凝縮感のある、先鋭的かつ力強いスタイリングに、市街地から郊外のワインディングロードまで楽しめる特性のパワーユニットを搭載した、軽二輪ネイキッドロードスポーツモデル。

クロスカブ110・くまモン バージョン

アウトドアテイスト溢れるスタイリングと装備で幅広い層のお客様に好評をいただいている「クロスカブ 110」に、熊本県とのコラボレーションにより、同県のPRマスコットキャラクター「くまモン」のイメージを施した110ccレジャーモデル。

モンキー125

コンパクトで愛らしいスタイリングに、125ccエンジンの力強く扱いやすい出力特性により、走る楽しさを追求したレジャーモデル。

スーパーカブ C125

スーパーカブシリーズの普遍的な車体パッケージに、最新装備を採用するなど、より上質感を追求した125ccのパーソナルコミューター。

▲CB250R(市販予定車)

▲クロスカブ110・くまモン バージョン(市販予定車)

▲モンキー125(市販予定車)

▲スーパーカブ C125(市販予定車)

■市販車

最新モデルを中心にさまざまなカテゴリーのモデルを展示。
・CB1300 SUPER FOUR
・CB400 SUPER FOUR
・CB1000R
・CB650R
・CB125R
・CBR1000RR SP
・CBR650R
・CBR400R
・CBR250RR
・CRF250 RALLY
・CRF250L
・レブル250
・グロム
・スーパーカブ110・ストリート

■参考出品車

ドリーム CB750 FOUR

世界初の量産直列4気筒OHCエンジンを搭載したスーパースポーツモデル。750cc大排気量スポーツバイクのカテゴリーを築き上げた。1969年発売。

CB1000 SUPER FOUR

新しい時代にふさわしいHondaのロードスポーツモデルはどうあるべきかを徹底追求した「プロジェクトBIG-1」コンセプトの頂点モデルとして開発されたネイキッド・ロードスポーツバイク。1992年発売。

▲CB650R

▲CBR400R

▲CRF250 RALLY

▲レブル250

▲スーパーカブ110・ストリート

▲ドリーム CB750 FOUR(1969年)

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る