【新車】ハーレーダビッドソン、「ELECTRA GLIDE STANDARD」を発売 シンプルさを徹底追及したツーリングモデル

ハーレーダビッドソン ジャパンは、3月5日(火)より2019年新ツーリングモデル、「ELECTRA GLIDE STANDARD(エレクトラグライド スタンダード)」の国内予約販売を全国の正規ディーラーにて開始する。

Milwaukee-Eight 107エンジンを搭載する新モデル『エレクトラグライド スタンダード』は、ハーレーダビッドソンのツーリングファミリーの原点ともいうべき要素である、風圧軽減に適したアイコニックなバットウィング・フェアリング、クロームトリム、サドルバッグ、キャストアルミホイールを装備。アクセントにはクロームを用い、カムやダービーカバーなどにはブラックアウトが施され、伝統的なカラーコンビネーションとモダンなスタイリングを両立させている。

シンプルさを徹底追及した新ツーリング・スタンダードと言えるこのモデルには、クルーズコントロール、手動エマルジョンリアショックアブゾーバ、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS搭載Reflexリンクドブレーキ、セキュリティシステムなど、必要十分な標準装備を搭載した一方で、ビビッドブラックの単色展開と、インフォテインメントシステム(BOOM! BOX GTS)は非搭載としたこと等により、ツーリングモデルの中でも手頃な価格を実現した。
ミニマルなツーリングモデルとしてそのままでも、オーナー好みにカスタムベースに活用しても楽しめる。

希望小売価格は、2,905,200円(消費税込)。国内出荷は2019年5月より開始される。

【FLHT ELECTRA GLIDE STANDARD】の新車・中古車を見る

ELECTRA GLIDE STANDARD

希望小売価格:2,905,200円(税込)

ビビッドブラック



ミニマルなツーリングモデルを求めるライダーに送る最強マシン

Milwaukee-Eight 107エンジンが鋭いスロットルレスポンスを提供し、パワフルかつスムースでピュアな鼓動感をライダーに。

画面やガジェットから離れ、最小限の機器類とグローブボックスが備わるシンプル&ミニマリスト設計。

長距離用に設計されたソロツーリングシートが、長時間の走行時もライダーに安心と快適さをサポートします。

ヘッドバフェットを削減しスムースな気流を提供してくれるバットウィング・フェアリング。

主要スペック

■全長:2,400mm
■ホイールベース:1,625mm
■シート高(*無負荷状態):680mm
■車両重量:372kg
■レーク・トレール:26°170mm
■フューエルタンク容量:22.7L
■フロントタイヤ:130/80B17 65H
■リアタイヤ:180/65B16 81H
■フロント・リアブレーキ:ダブル・シングル

主要装備
■Milwaukee-Eight 107(排気量:1,745cc)
■クルーズコントロール
■手動エマルジョンリアショックアブゾーバ
■49mmフロントフォーク(デュアルベンディングバルブサスペンション)
■ABS
■セキュリティシステム

【FLHT ELECTRA GLIDE STANDARD】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る