「Webike Tati Team TRICK STAR」が世界耐久ロードレース選手権 SSTクラスからEWCクラスにステップアップ

シリーズ第2戦「ル・マン24H耐久レース」よりクラス変更して参戦

トリックスターは、参戦中の2019年 EWC世界耐久ロードレース選手権において、SSTからEWCにクラス変更することを発表した。

昨年、8月に2018-19 EWC世界耐久ロードレースシリーズへのフル参戦を発表し、初戦となるボルドール24HではSSTクラス2位、総合8位を獲得。今年度も引き続き、Tati TeamとのコラボレーションとWebikeのスポンサーを受け「Webike Tati Team TRICK STAR」として戦って行く。

体制やライダーに大きな変更はないが、今年はSSTクラスからEWCクラスにマシンをステップアップさせ、更なる高みで頂点を目指す。

以下プレスリリースより


2018年、初戦のボルドール24時間耐久レースでは、TRICK STARのエースライダーである出口修選手と、SSTクラスのタイトルを獲得したTati Teamの、ジュリアン・エンジュラス選手、ケビン・デニス選手の3名で挑み、初のコラボレーションと合同テストも満足に出来たとは言えない中、しっかりコミュニケーションを取り、決勝ではトラブルを乗り切りクラス2位と高いパフォーマンスをチームが発揮してくれました。

まずは今年初レース、シリーズ第2戦となる「ル・マン24H耐久レース」も同じ体制で挑んでいきます。マシンをEWCクラスに変更する事で、2月から精力的にテストを重ね、4月に行われる本番までにはボルドール同様、高いパフォーマンスを発揮し、チームの総合力で最高の結果を残したいと思います。

シリーズタイトルを獲得する為に、精一杯戦っていきますので、今年も皆様の熱いご声援をよろしくお願い致します。

情報提供元 [ トリックスター ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る