【新車】MVアグスタ、世界限定200台「DRAGSTER 800 RR PIRELLI」を3月に発売 技術とデザインの融合した限定モデル

※掲載画像はイタリア本国仕様であり、日本仕様とは異なる場合があります。

MVアグスタは、Pirelli Designとコラボレーションし誕生した新モデル「DRAGSTER 800 RR PIRELLI」を、世界限定200台で3月に発売する。

強力な3気筒の心臓部を持つストリートファイター“MV Agusta Dragster 800 RR”をモデルベースとし、MV AGUSTAの技術とPirelliのデザインの融合によりコンパクト且つ、攻撃的な外観に仕上がっている。

ピレリの象徴的なカラーリング

タンクスライダーやフェアリング部分へは、ピレリの研究開発部門が特別に策定したゴム素材を用い、傷や擦れに対する保護性能を確保した。DIABLO SUPERCORSA等DIABLOを象徴するシンボル等も車両の両サイドで存在感を放つ。

装備されるシートにはCastiglioni Research Centreによって特別製作され、この独創的な作品に更なるオリジナリティを加えた。縫い目のコントラストを強調したダブルテクスチャー、Pirelli DesignによりデザインされたテールユニットにはDIABLOの装飾がされている。また高温に耐える特殊なセラミックベース塗料をエキゾーストサイレンサーへ施した。
 
「Dragster 800 RR PIRELLI」のカラーは、ピレリの象徴的カラーリングであるマットブラックを基調としたカラーリングにイエローで、パートナーシップを強調するデザインとしている。Pirelliブランドのイエローロゴをタンクの両サイド、そして高性能ピレリタイヤを象徴するDIABLOロゴをデザインしている。
もう一つのカラーリングとしてグロスホワイトを基調としたカラーリングにブルーのデザインを施したモデルも用意されている。
 
MVアグスタとPirelliのコラボレーションを更に特別なものとするため、オプションとしてカラーサイドウォールを用いた特別なDIABLO SUPERCORSA SPタイヤ装着車も選択可能だ。

DRAGSTER 800 RR PIRELLI

マットブラック/ピレリイエロー


パールアイスホワイト/ブルーアメリカ

スペック

エンジン形式 4ストローク 3シリンダー 12バルブ “DOHC”
総排気量 798cc
圧縮比 13.3:1
ボア×ストローク 79.0mm×54.3mm
最高出力 140hp/12,300rpm
最大トルク 8.87kgm/10,100rpm
エンジンマネージメント MVICSイグニッションシステム(MOTOR & VEHICLE INTEGRATED CONTROL SYSTEM)
4エンジンマップ(ノーマル・スポーツ・レイン・カスタム)
8段階調節トラクションコントロールシステム
EAS(クイックシフター UP&DOWN)
ギヤ カセット式6速
クラッチ 湿式多板スリッパークラッチ
全長×全幅 2035mm×935mm
ホイールベース 1400mm
シート高 820mm
最低地上高 135mm
始動方法 エレクトリック
タンク容量 16.5L
車両重量(乾燥重量) 168kg
フレーム ALSスチールパイプ トレリスフレーム
スイングアーム アルミニウム シングルサイドスイングアーム
フロントサスペンション MARZOCCHI ø43mm 倒立フォーク
リヤサスペンション SACHS プログレッシブ シングルショック
フロントブレーキキャリパー brembo 4ピストン ラジアルマウントキャリパー
フロントブレーキディスク ø320mm フローティング ダブルディスク
リヤブレーキキャリパー brembo 2ピストン キャリパー
リヤブレーキディスク ø220mm シングルディスク
フロントホイール・タイヤ アルミニウムリム、スポークホイール 3.50″×17″ 120/70-17
リヤホイール・タイヤ アルミニウムリム、スポークホイール 6.00″×17″ 200/50-17
グラフィック マットブラック/ピレリイエロー
パールアイスホワイト/ブルーアメリカ

情報提供元 [ MV AGUSTA JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る