レンタル819、バイクツアーの日米相互送客を実現 米国EagleRider社とRental819の業務提携を開始

オートバイのレンタルサービス「レンタル819」を全国展開するキズキレンタルサービスは、世界最大手レンタルバイク会社EagleRiderとの業務提携を開始した。

この提携により、海外渡航者の目的として「海外バイクツアー」をPRし、日本と米国の相互送客の活性化を目的としている。

また、キズキグループの傘下であるMOTO TOURS JAPANとも包括提携を行い、国内レンタルバイクやバイクツアーへのインバウンド誘致を行い、海外へのアウトバウンドをアシストする。

以下プレスリリースより


EagleRider社について

1992年創業、ロサンゼルスに本社を構え世界11カ国、全米8割以上の州で170以上の店舗を展開、車両台数5,000台以上を保有する世界最大手の老舗レンタルバイク&バイクツアー会社です。
>>https://www.eaglerider.com

業務提携の目的

本提携により、海外渡航者の目的のとして「海外バイクツアー」を宣伝することにより、日本と米国の相互送客が一層活性化されます。
具体的には、日本人や米国人に対しEagleRider・Rental819・MOTO TOURS JAPANのWEBサイトにて、レンタルバイクやバイクツアーを紹介し送客が可能になります。

紹介Webサイトの具体的施策

・日本側EagleRider紹介サイト
>>https://www.rental819.com/worldtour/us/eaglerider/
・米国側Rental819紹介サイト
>>https://www.eaglerider.com/motorcycle-touring/motorcycle-riding-in-japan-ride-with-rental819

米国に対しての招待ツアー

2019年3月には、日本でのバイクツアーを米国にて宣伝する目的として、米国メディアやEagleRider社を招待し、中部北陸「昇龍道」のバイクツアーを計画しています。

今後の展望

米国EagleRider社との提携を皮切りに、今後は世界各国のレンタルバイク及びバイクツアー会社に対し提携を進め、業界ネットワークからの世界的な相互送客を目指し、訪日外国人増加に貢献致します。
近年増加の一途を辿る訪日観光客に対し、四季折々の魅力溢れる日本やおもてなしの心をバイクを通じ世界へ広く発信し、世界中のライダーがもっと気軽にバイクで世界を旅する事ができるように世界規模でのサービス連携強化に努めて参ります。

情報提供元 [ レンタル819 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る