Ninja ZX-6R vs YZF-R6 一騎打ち〈後編〉【タイムアタック編/映像あり】

’19でユーロ4対応とともにスタイルを一新するモデルチェンジを受けたカワサキNinja ZX-6R。600スーパースポーツの中にあってレースレギュレーションに縛られないプラス37ccの636ccを設定し、独自のポジションを築いてきたネオ600SSとも言えるこのバイクは、一体どんな実力があるのか。今回の比較対象は、あくまで600SSレース最強を目指すヤマハYZF-R6。#1の公道走行インプレッションに続き、本編ではサーキットでのガチンコタイムアタック対決の模様をお届けする。

対決の前にポジション&足付きをチェック

KAWASAKI Ninja ZX-6R

ハンドルにタレ角や絞り角はあるが、上半身はストリートでも扱いやすい軽い前傾姿勢。脚はすっと下ろすことができ、足着き性もSSとしては良好だ(身長168cm、体重61kg)。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

ページ上部へ戻る