新チーム Moriwaki Althea Honda Teamが参戦体制を発表 清成龍一選手とレオン・キャミア選手を起用

「Moriwaki Althea Honda Team(モリワキ・アルティア・ホンダ・チーム)」は、今季よりHonda CBR1000RR SP2で参戦するFIMスーパーバイク世界選手権についての体制発表会を、2月17日(日)にオーストラリア・フィリップアイランドで開催した。

Moriwaki Althea Honda Teamは、鈴鹿市を拠点に世界で活躍するモリワキと、イタリアを本拠地とするAlthea Racingに、Hondaがサポートを行う新チームで、ライダーには清成龍一選手(日本、36歳)とレオン・キャミア選手(英国、32歳)を起用する。

この発表会では、参戦マシンのカラーリングが発表されるとともに、両ライダーと、森脇緑氏、Althea Racing代表のジェネシオ・ベヴィラクーア氏が登壇。シーズンに向けた意気込みを語った。

チーム・ライダーは、2月18日(月)からフィリップアイランド・サーキットで開催される公式テストに参加し、2月22日(金)に同地で開幕するWSBKシーズンに向けた最終調整を行う。

→コメントはこちら

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る