蘇るカタナ伝説#10 小刀と呼ばれて……250【KATANA COMPLETE FILE 1980-2019】

車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。

幅広いユーザーから愛されたカタナシリーズの末弟

GSX1100Sを100として、GSX250Sの車体各部の寸法を%で表すと、全長:94%、全幅:96%、全高:96%、ホイールベース:94%、シート高:97%。この数値からは意外に大きい印象を受けるかもしれないが、ライポジが安楽な設定で、乾燥重量が160kgしかないGSX250Sは、カタナシリーズの中で最も親しみやすいモデルだった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. SSTRにドゥカティオーナー専用グループで参加しよう ドゥカティは、5月25日、26日…
  3. JAFは、ホームページHAPPY BIKE!!ページ内の人気コンテンツ“バイクの音を楽しむ「…
  4. 新生活を、バイクとともに迎えよう! バイク王&カンパニーは、3月16日(土)より「新生…
ページ上部へ戻る