【新車】ヤマハ「TRACER900/GT」がカラーリングを変更し3/1に発売 走りへの情熱を表現した新色を採用

▲TRACER900 GT ABS「ブルーイッシュグレーソリッド4」

ヤマハ発動機は、845cm3の直列3気筒エンジンを搭載する「TRACER900 GT ABS」、「TRACER900 ABS」のカラーリングを変更し、3月1日より発売する。

「TRACER900」は、“Two Sides of the Same Coin: Sports and Travel”をコンセプトに、市街地からツーリングまで多用途でスポーティかつ快適な走りを楽しめるモデルとして開発。快適な乗り心地とツーリング機能を兼ね備え、ユーザーから支持されている。

新色「ブルーイッシュグレーソリッド4」は、グレーをベースにレッドをアクセントとして配し、走りへの情熱を表現。さらに、上級仕様の「TRACER900 GT ABS」には、ゴールドのフロントフォークやレッドのピンストライプをあしらったホイールを採用し、スポーツツーリングモデルとしての個性を際立たせている。

※「TRACER900 GT ABS」は、「TRACER900 ABS」をベースに、フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンションやクルーズコントロールシステム、クイック・シフト・システム(QSS)、グリップウォーマーなどを採用し、ツーリングの快適性を向上させた上級モデル。

TRACER900 GT ABS

ブルーイッシュグレーソリッド4(新色)

TRACER900 ABS

ブルーイッシュグレーソリッド4(新色)

製品情報

【TRACER900 GT ABS】

■カラー

・ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー/新色):2019年3月1日発売
・ブラックメタリックX(ブラック):継続販売
・マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー):継続販売

■メーカー希望小売価格

1,198,800円(本体価格1,110,000円/消費税88,800円)

【TRACER900 ABS】

■カラー

・ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー/新色):2019年3月1日発売
・マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー):継続販売

■メーカー希望小売価格

1,112,400円(本体価格1,030,000円/消費税82,400円)

販売計画

1,000台(シリーズ合計/年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る