蘇るカタナ伝説#8 フロント16インチの二代目ナナハン登場!【KATANA COMPLETE FILE 1980-2019】

アップハンドルの形状を見直し、フロントに16インチホイールを採用。日本のカタナは独自の進化を始める。

海外仕様とは異なる、日本仕様ならではの進化

GSX750Sは’83年に2型に進化。海外仕様は兄貴分の1100SDに準じた変更を行ったものの、日本仕様のフロントタイヤはGPレーサーRG500Γ譲りの16インチで(標準タイヤは当時の日本車では珍しいミシュラン)、エンジンとキャブレターは初代と同じシルバーだった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る