蘇るカタナ伝説#7 これが伝説の耕運機ハンドルだ!【KATANA COMPLETE FILE 1980-2019】

カタナであってカタナではない。日本仕様のGSX750Sからはスズキの苦悩が感じられた。

狩られ過ぎていまや絶滅危惧種

排気量上限の自主規制値が750ccで、カウリングと低いセパハンが違法と認識されていた’80年代初頭の日本市場。そんな状況下で国内販売が始まったGSX750Sは……、随所にスズキの苦悩を感じるモデルだった。
その象徴と言えるのが、耕運機を思わせる大アップハンドルで、1100用に交換するユーザーが後を絶たなかったため、当時の警察はGSX750Sを標的として徹底的にマーク。この取り締まりは、“カタナ狩り”と呼ばれた。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲CB650R/CBR650R 3月15日に発売が迫る期待のミドルクラス4気筒マシン、CB65…
  2. ※画像はすべて公式サイトのスクリーンショット CAPCOM「デビルメイクライ5」とコラボ ト…
  3. 大量生産品とは異なる特別な魅力を醸し出す モーターサイクル文化のメッカである米国、カリフォ…
  4. カタナフォルムの迫力を再現! 激戦区だった400ccネイキッド市場を意識して、中型カタナの第…
ページ上部へ戻る