【新車】スズキ、モトクロッサー「RM-Z250」をフルモデルチェンジして2/15より発売

スズキは、モトクロッサー(モトクロス競技車両)の2019年モデルとして、4ストローク 249cm3「RM-Z250」をフルモデルチェンジして2月15日より発売する。
「The Winning Balance」をコンセプトに、「走る、曲がる、止まる」のバランスを高次元で実現させた。

【RM-Z250】の新車・中古車を見る

RM-Z250

メーカー希望小売価格:761,400円(税込)

チャンピオンイエローNo.2 (YU1)

RM-Z250 の主な特長

・外観を全面刷新し、RM-Z450と同様にスズキ独自のクチバシをイメージさせる「BeakDNA」を継承。
・吸気ポート形状の見直しなどシリンダーヘッドの変更による出力の向上。
・ツインインジェクターを採用。
・エキゾーストシステムの改良。
・スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)に新機能を追加。スタート待機中のエンジン回転数にリミッターを追加し、スタート前のライダーを強力にアシスト。
・フレーム、スイングアーム、フロントフォーク、エンジン搭載位置を見直し、コーナリング性能を向上。
・KYB製のコイルスプリングのフロントサスペンションを採用し、路面追従性、メンテナンス性を向上。
・リアサスペンションには軽量なスプリングを採用。レバー比も変更しトラクションを向上。
・フロントディスク径250mm→270mmに変更及びブレーキパッド素材の見直しによるブレーキ性能の向上。
・新型タイヤDUNLOPGEOMAXMX33の採用

※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)
スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした機構。
A/B/オフの3つのモードから選択が可能。さらにスタートからその後の状況を3つに分解し、各々の段階において最適化を実現した。

主要諸元

型式 EC117Z
全長 / 全幅 / 全高 2,185 mm / 835 mm / 1,255 mm
軸間距離 / 最低地上高 1,485 mm / 330 mm
シート高 955 mm
装備重量 106 kg
エンジン型式 / 弁方式 4サイクル・水冷・単気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量 249 cm3
内径×行程 / 圧縮比 77.0 mm × 53.6 mm / 13.75 : 1
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 キック式
点火方式 CDI
潤滑方式 圧送式 セミドライサンプ
潤滑油容量 1.1 L
燃料タンク容量 6.3 L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1速 2.153
2速 1.705
3速 1.470
4速 1.238
5速 1.090
減速比(1次 / 2次) 3.315 / 3.846
キャスター / トレール 28.7゜ / 125 mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク
タイヤサイズ(前 / 後) 80/100-21 51M / 100/90-19 57M
舵取り角左右 42°
乗車定員 1名

【RM-Z250】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

ページ上部へ戻る