蘇るカタナ伝説〈06〉1100台のファイナルエディション

長い歴史を締めくくるモデルとして20世紀最後の年に登場したSYは数多くの専用設計部品を導入していた。

1100台が限定販売されたファイナルエディション

今後の排出ガス規制の強化を考えると、基本設計が’80年代初頭に行われたGSX1100Sの存続は難しい……と考えたスズキは、’00年にファイナルエディションとなるSYを販売。生産台数は排気量にちなんだ1100台で、当時の価格は99万円だった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ページ上部へ戻る