【新車】キムコ、125スクーター最大級ボディの「ダウンタウン125i ABS」を新発売

※画像は海外仕様のため⼀部仕様やカラーが異なります。

キムコジャパンは、125ccクラス最大級のボディーサイズを誇る新型スクーター「ダウンタウン125i ABS」を2019年3月11日に発売する。

「ダウンタウン125i ABS」は、上位モデルである「ダウンタウン350i ABS」と共通のボディを採用、250ccクラスのボディサイズと欧州で鍛えられた強固なフレーム剛性により、タンデムライドでも優れた走行安定性能を発揮するほか、前後のディスクブレーキにはボッシュ社製の高性能ABSを採用し安全性の向上を図っています。

またシート下のラゲッジスペースはフルフェイスヘルメット※1が2個収納出来る容量を確保するなど、125ccクラスのスクーターとしては最大級の収納スペース※2を備え、安全で快適なタンデムライドが可能なモデルに仕上げました。

※1 ヘルメットの形状やサイズによって収納できない場合があります。
※2 自社調べ

Downtown 125 i ABS

希望⼩売価格:518,400円(税込)

マットグレイメタリック(NH124FA)

マットホワイト(NH265FA)

パールブラック(NH359PA)

主な特徴

1.125cc スクーター最大級のボディサイズ

兄弟モデルである「Downtown350i」と共通のボディは⼀般的な250ccビッグスクーターと同等以上の堂々たるサイズ。クラス最長となる1,553mmのロングホイールベースによる加減速の際のピッチングの少なさ、大型の段付きシートと広いフロアボードによるゆとりあるライディングポジションによって、これまでの125ccスクーターの常識を遥かに超えるラグジュアリーなライディング体験を約束します。

2. サスペンション・ブレーキ

ラージボディを⽀える前後サスペンションは 350モデルと共通、φ37mmのテレスコピックフロントフォークと強靭なスイングアームを備えたリアサスペンションにより、タンデムでのハイスピード巡航でも安定した走行走行が可能です。
また新たに採用されたボッシュ製高性能ABSはブレーキング時のスリップを敏感に感知しスリップを抑制、様々なシーンで安定したブレーキングを可能としています。ABSはフロントだけでなくリアにも搭載されているので、タンデムライドなどリアブレーキの使用頻度が高くなるシーンでも安⼼してライディングを楽しむことができます。

3. 余裕の収納力

大型シートの下にあるラゲッジスペースはフルフェイスヘルメットを2個収納可能、さらにコンパクトなレインウエアやグローブなども収納できる余裕の空間を確保しています。ハンドル両脇には蓋つきのグローブボックスを備え、左側のボックスにはスマートフォンの充電に便利なUSB充電器を標準装備しました。

4. イタリアンデザイン

イタリア人デザイナーが手がけたアピアランスは複雑な構成で奥行感のあるスポーティーなフロント周り、シルバーの加飾リングが高級感を演出するローンバスタイプのテールランプなど、他のスクーターにはない個性的でスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

5. エンジン

搭載される 124cc水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒エンジンは最新のEURO4規制に対応するクリーンな排出ガス性能を備えながら、クラス最高レベルの 10.5kw(14.3PS)を発揮、大柄なボディーを力強く加速させます。

主要諸元

モデル名:ダウンタウン125i ABS
型式名:SK25GA
エンジンタイプ:水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒
使用燃料:レギュラーガソリン
燃料装置:フューエルインジェクション
総排気量:124cc
内径×行程:Φ54mm×54.3 mm
圧縮比:11.2:1
最高出力:10.5kw(14.3PS)/9,000rpm
最大トルク:10.8Nm/7,000rpm
変速機型式:CVT
始動方式:セルフ式
乾燥重量:164 kg
装備重量:178 kg
全長×全幅×全高:2,250mm×780mm×1,345mm
シート高:810mm
軸距:1,553mm
燃料タンク容量:12.5リットル
タイヤ(前):120/80-14
タイヤ(後):150/70-13
ホイール:アルミニウム
サスペンション形式(前):Φ37mmテレスコピック式
サスペンション形式(後):5段階調整式ツインショック
ブレーキ形式(前): 260mm 油圧式シングルディスク
ブレーキ形式(後): 200mm 油圧式シングルディスク
キャリパー(前): ピンスライド Φ25.4mm×3 ピストン
キャリパー(後): ピンスライド Φ27mm×2 ピストン
ABS:BOSCH 9.1M ABS

情報提供元 [ KYMCO ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る