【新車】カワサキ、「W800 STREET/CAFE」を3/1に発売 50年にわたる「W」の血脈を受け継ぐ最新進化形

カワサキモータースジャパンは、「W800 STREET」「W800 CAFE」を3月1日に発売する。

50年にわたる「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新進化形となる、「W800 STREET」と「W800 CAFE」。当時、「W1」が背負った使命を「Ninja」「Z」に引き継いだ今、「W1」がもっていた「ビッグバイクらしさ」すなわち「操る悦び」「所有する悦び」「愛でる悦び」を純粋培養し、心を豊かにする“らしさ”にこだわった。

厳しい排出ガス規制に適合した、美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、「W」オリジナルの雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現した。

「W800 STREET」は、シンプルでブラックアウトされたデザイン。クラシックなアップライトスタイルのハンドルバー、ロープロファイルシートを備え、現代のモーターサイクルでは見つけることが難しい真のクオリティと時代を超越した美しさを持ち合わせている。

「W800 CAFE」は、クラブマンスタイルのハンドルバーとカフェシートによる適度な前傾姿勢が、ライダーのスポーツマインドを刺激。また専用フロントカウルを装備し、クラシカルかつスポーティなカフェレーサースタイルモデル。

W800 STREET

メーカー希望小売価格:993,600円

メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー

■主な特長

・前後に長く足つき性の良いタックロールシート
・シルバーアルマイト仕上げを施し、アルミリムを備えた軽量スポークホイール

W800 CAFE

メーカー希望小売価格 1,112,400円

メタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー

■主な特長

・快適性とスポーティなルックスを重視したカフェシート
・ブラックアルマイト仕上げを施し、アルミリムを備えた軽量スポークホイール
・標準装備されたグリップヒーター

W800 STREET/CAFE 共通の特徴

・心地良い鼓動感、クラシカルな造形美を感じさせる空冷バーチカルツインエンジン
・完全リニューアルされ剛性を高めたダブルクレードルフレーム
・スロットルをひねるたびに力強いサウンドを放つ2本出しマフラー
・明るい白色光が、夜間走行時の視認性を高める大径丸形LEDヘッドライト
・硬めのスプリングと剛性を高めたアンダーブラケットを持つ大口径フロントフォーク
・クラシカルな外観と滑らかなライディングを実現するツインリヤショック
・クラシカルなスタイルの大径丸形ウインカー
・クラシカルなスタイルとスポーティなハンドリングに貢献した、前後18インチホイール
・バックトルクを制限するとともに、より軽いクラッチレバーの操作を実現するアシスト&スリッパークラッチ
・高い制動力を発揮する、前後ディスクブレーキ
・標準装備されたETC2.0車載器キット

→詳細は公式サイトへ

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る