【初夢スクープ#4:カワサキ編】新型GPZ900R&ZXR900

▲【KAWASAKI 新型GPZ900R 予想CG】Z900/RSベースなら、排気量もそのままで”GPZ900R”を名乗ることができる。エンジンはフィンのないZ900ベースの方が似合いそう。エンジンを見せるためにサイドカウルはなくていいかも。

本誌の予想通り’80年代までネオレトロブームが波及するとして、やがて実現しそうなのが初代NinjaことGPZ900Rの再現。ライバルのカタナが復活した今、望んでいるファンも多いことだろう。

ぜひ商品化して欲しいので今年も煙を立ててみる

CGはZXR900と同じようにZ900/RSをベースとしてNinjaの外装をレトロフィットさせたもの。初代と同じくサイドカムチェーンのエンジンということもあり、違和感なく収まってしまった。アップハンドルのままでもNinjaはカスタムでおなじみだったので、むしろセパハンよりしっくりくるかも。アッパーカウル形状はあえて大きくはイジらず、そのままLEDライト化してほしい。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る