【石戸谷蓮 コラム】オフロードバイクレースの世界-1 モトクロス

【石戸谷蓮:NCC AA1クラス、JEC 国際A級ライダー】

※編集部注:本稿画像はすべてイメージです。

こんにちは、オフロードバイクライダーの石戸谷蓮(いしどや れん)です。
前回は、僕が感じる「オフロードバイクの魅力」について書きましたが、今回は「オフロードバイクレースの世界」の第一弾として「モトクロス」を中心に書いてみます。24年間オフロードバイクレースに携わっていますので、レースの臨場感もお伝えできればと思っています!

競技車両とレースの種類

オフロードレースでは「競技専用車両」を使用します。
種類によっては、公道も走れる競技車両もあります。

▲HONDA CRF450R

▲YAMAHA YZ250F

▲SUZUKI RM-Z450

▲KAWASAKI KX250F

「オフロードバイクレース」は、実は以下の3種類に分けることができます。

・モトクロス
・クロスカントリー
・エンデューロ

どのレースも、先ほどの写真のような競技車両を使って参加することができます。
でも、競技に合わせてバイクのセッティングやカスタムなどを変更する必要があります。

モトクロス

「モトクロス」は、クロスカントリーやエンデューロに比べると聞いたことがある人が多いかもしれません。
モトクロスは、人工的に造成されたコースで誰が一番速いのかを競うレースです。オフロードバイクレースの中では最もスピード感があり、高さ20~30mもあるジャンプも飛びます。

スターティンググリッドでは30台が横一線に並び、5秒前のカウントダウン、地鳴りのようなエンジン音、タイヤ止め→ゲートが外れて30台が一斉に第一コーナーへ飛び込む。

ジャンプは高く飛ぶのではなくどうしたら前に飛べるか。コーナーはグリップの限界値を探りつつアクセルを回す。スピードが上がってくるほどライダーに思考が許される時間はなくなり、本能や反射でマシンに乗らなくてはいけなくなってくる。それでも、一瞬でも速くマシンを進めるためにあらゆる手段を使ってライダーは走っていく。。。

ベストラインを奪い合ってぶつかり合いになることもあってか「バイクの格闘技」とも呼ばれています。激しく身体を酷使し、その過酷さは世界に数多くあるスポーツの中でも五本の指に入るそうです。

そう言われる理由の一つに、競技中の心拍数があると思います。
通常、日常生活での心拍数は平均60~70回/分。
モトクロスのレース中は平均180回/分。

これがどれほどの運動強度なのかと言えば・・・適切な言葉が見つからないほどです(笑)

ちなみに、クロスカントリーやエンデューロは平均170回/分。
最初にモトクロスから書いてしまったから楽に見えてしまうかもしれませんが、人間が全力疾走すると大体170~180回/分になりますので、全力疾走状態の心臓の鼓動が数十分に渡って続くと思ってください。

参考:http://www.jhei.net/exer/walking/wa02.html
※日本医療・健康情報研究所

このようにモトクロスはとんでもなく過酷な競技ですが、思考が立ち入る瞬間さえ与えられないぐらいの刺激が盛り沢山!これほどの多種多様な感情や刺激を感じるスポーツは少ないのでは?!と感じてしまいます。だからこそ面白い!!この一点に尽きます。

次回は僕が現在取り組んでいるクロスカントリーとエンデューロについてご紹介したいと思います!!

石戸谷 蓮

石戸谷 蓮 JNCC AA1クラス、JEC 国際A級ライダー

投稿者プロフィール

1991/10/11 生まれ
3歳からオフロードバイクに乗り17歳でモトクロス国際B級に昇格。
その後、高校卒業を機に鍼灸マッサージ師を目指し同時期にクロスカントリー、エンデューロに競技転向。
2012年 JNCC Aクラスチャンピオン
2013年 JNCC AAクラス 9位
2014年 JNCC AA2クラス 3位
2015年 JNCC AA2クラス チャンピオン
2016年 JNCC AA1クラス 5位
JEC 国際B級 3位
GNCC overall 89位
2017年 JNCC AA1クラス 5位
JEC 国際A級 4位

2018年 世界一過酷なオフロードバイクレースerzberg rodeoへの参戦。
    全25ヶ所のチェックポイントのうち、14ヶ所クリア。
    予選 198位/1600台
    決勝 141位/500台

    アメリカ最大のクロスカントリーレースGNCCへ日本代表として選出。

    JNCC AA1クラス 6位
    JEC IAクラス 11位

2019年 erzberg rodeoの完走を目指して果てない挑戦を継続

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る