今週の愛車ピックアップ カッコいいは正義[F3 800]

MV AGUSTA F3 800 2018年式 (800cc)
オーナー:セージメンさん

今回は、最近登録されたMYバイクの中から”セージメンさん”の「F3 800」をご紹介します。
MV AGUSTA F3シリーズと言えば、もはや代名詞とも呼べる”縦に並んだ3連マフラー”に憧れる人もさぞ多いかと思います。まるでパイプオルガンのように美しいマフラーに見とれているうちに、「どんな音がするんだろうな」という興味も湧き上がってきますよね。
仕向け地など、仕様によって1本出しで販売されている車両もありますが、セージメンさんの F3 800 は本国オリジナル仕様の3本出し。RCカラーがとってもスポーティーで格好いいです。

格好いいけど、新車で約200万円もする高級外車、とても手が・・・あれ?今や国産SSも似たような価格では?!
セージメンさんは、YZF-R1からHusqvarnaのモタード(701SM)へ乗り換えたけれど、やっぱりSSが忘れられなかったのだそう。再び乗るSSを探しているうちに、そのことに気付いてしまったようです。
近年の国産SSは、電子制御てんこ盛りで価格が高くなり、いわゆる高級外車との差がなくなってきてますよね。そこで、「以前から興味があったアグスタ買っちゃえ!」と”勢い”で購入されたそうです。

<MYバイクコメントより>
長所:限定RCカラーが美しい。流石は”カッコいいは正義”のイタリアンバイク。ユーロ4対応になり、日本仕様でも3本出しパイプオルガンマフラー。逆回転クランク、ショートホイールベースと軽い車体の恩恵かスルスルと曲がるコーナリングが気持ちいい。
短所:実用性より見た目を優先しちゃう”カッコいいは正義”のイタリアンバイク。伏せないと自分の腕しか見えないミラー。SNSで飛び交うアグスタオーナーの故障自慢。ウチのは壊れないといいなぁ…。
アドバイス:欲しい時が買い時。その後の事は買ってから考えよう。年を重ねるごとに対策マイナーチェンジが施されているので購入するなら高年式をお薦めします。

新車や高いバイクを買う時、”最後は勢い”という人多いですよね。私も完全にそうです。
「いつかはアグスタ・・・」と毎年思ってる人は、あと必要なのは”勢いだけ”かもしれないですよ?!

>>Webikeコミュニティで「セージメン」さんのバイク詳細情報をみる

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【F3 800:オススメ関連情報】
F3 800 中古車情報を見る
F3 800 関連情報を見る
F3 800 関連ニュースを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

ページ上部へ戻る