【スクープ】実は市販エンジンのチョイ見せだった!【新型空冷ボクサーはOHVの1500cc?】

スペシャルメイドのカスタムマシンということで、エンジンの中身についてはあまり騒がれることのなかった、BMW水平対向2気筒エンジン搭載のDepartedというマシン。しかし、そこには新作エンジンのプロトタイプをしれっと搭載するというサプライズが隠されていた。

最高速度に挑戦するマシンがモチーフ

12月2日に開催されたヨコハマホットロッドカスタムショーで、ある1台のカスタムマシンが展示された。BMWの新型プロトタイプ水平対向2気筒を搭載したマシン、その名はDepartedといい、滋賀県にあるカスタムワークスZONが制作したものだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る