【新製品】エンデューロ競技専用タイヤ DUNLOP「GEOMAX ENDURO EN91」が3/1に発売

住友ゴム工業は、エンデューロ競技専用タイヤDUNLOP「GEOMAX ENDURO EN91」を3月1日から発売する。発売サイズはフロント1サイズ、リア2サイズで、価格はオープン価格。

「GEOMAX ENDURO EN91」は、コースの路面コンディションが多様化している近年のエンデューロ競技に対応し、路面適応性を拡大することで高い操縦安定性能を実現したタイヤ。フロント、リアとも新たなトレッドパターンを採用することで路面追従性が向上し、砂地や泥ねい地から岩が堆積した路面まで、幅広い条件で安定した走行を生み出す。

GEOMAX ENDURO EN91

フロント

リア

発売サイズ フロント/リア タイプ

90/90-21 54R フロント WT
120/90-18 65R リア WT
140/80-18 70R リア WT

主な特長と代表的な採用技術

■トレッドパターン

HEX Shape Block(ヘックス シェイプ ブロック) ※フロントに採用

ブロックの表面積を小さくし裾広がりの山型ブロック形状を採用することで、耐久性を維持したまま路面へのグリップ力を向上させ、手応えのあるハンドリングを実現した。

190128_09

▲HEX Shape Block

Tilt Crown Block(ティルト クラウン ブロック) ※リアに採用

進行方向へ傾斜した幅広クラウンブロック形状を採用することで、ブロックが路面をしっかりとらえ、特に難所系路面において高い走破性を発揮する。

190128_10

▲Tilt Crown Block

配合(リアに採用)

高分子量ポリマーと微粒子カーボンの採用により、耐久性とグリップ力を高次元で両立。ロングライフで高性能を維持し、長距離レースで高いパフォーマンスを発揮する。

大径化プロファイル(フロント、リアに採用)

フロント、リア共に同社従来品からプロファイルを大径化することによりエアボリュームが増え、接地感とクッション性が向上。また、フロントのトレッド幅を狭くすることで軽快なハンドリング性能を実現した。

※GEOMAX ENDURO D909

190128_11

▲断面形状の比較

情報提供元 [ 住友ゴム ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る