鈴鹿サーキットのモースポフェス2019で、夕闇のデモランイベントが開催決定

▲夕闇走行イメージ

2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催する「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の初日3月2日(土)に、「8耐×10H トワイライトマッチ」の開催が決定。その中で、鈴鹿サーキットを代表する夏の2大耐久レースである2輪の「鈴鹿8耐」と、4輪の「SUZUKA 10H」のマシンたちが夕闇の中を共に走行することが決定した。

グランドスタンドの観客にはライトスティックを配布、また走行終了時には花火の打ち上げも予定されており、2大耐久レース本番さながらのクライマックスを体感できる。

以下プレスリリースより


出場チーム(1月18日時点・順不同)

<2輪>

・F.C.C. TSR Honda France
・Team HRC
・KYB MORIWAKI RACING
・MuSASHi RT HARC PRO. Honda
・au・テルル MotoUP Racing Team
・Kawasaki Team GREEN
・YAMAHA FACTORY RACING TEAM
・YAMALUBE RACING TEAM
・ヨシムラ スズキ MOTUL

<4輪>

・GOODSMILE RACING & TeamUKYO
・TEAM UPGARAGE

※予告なく、出演チームおよび名称や内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。なお、鈴鹿8耐およびSUZUKA 10Hのマシンは日中にもそれぞれの走行コンテンツを実施予定です。

「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」をご提示いただくと無料でご入場いただけます。
https://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

ページ上部へ戻る