【新車】MVアグスタ「Dragster800RR America」が世界限定200台で2月に発売

※本稿内画像の車両は本国仕様(付属キット装着仕様)です。

虹色の煌めきを放つトリコロールカラー

MVアグスタは、「Dragster800RR America」を世界限定200台で、2019年2月に発売する。

この新生「アメリカ」は、マイカブルーのベースに、粋なデザイン、トップクラスの技術的特徴、そして一貫した細部への拘りを含め、ドラッグスター800RR本来の特質を高める虹色の煌めきと水平なグラフィックカットを備えた、魅力的なカラースキームが採用されている。

フューエルタンクの上部は45年前の「750S」と同じように星の装飾が施されており、 ライダー及び同乗者専用エリアには、金色のハイライトと特殊素材のステッチが施されている。 美しいスポークホイールは、赤色のハブ、青色のニップル、白色のリムの配色で星条旗がオマージュされている。

MV Agustaのロゴを配したフロントマッドガードや、モデル名/シリアルナンバーがレーザー刻印されたトップブリッジ。ラジエターカバーは「アメリカ・スペシャルエディション」のロゴで美しく飾り、コンポーネントのグロスブラック仕上げが際立っている。僅か200台の限定生産であり、証明書が付属している。

Dragster800RR America

メーカー希望小売価格:2,473,200円(消費税8%含む)※ABS装備

製品情報

【DETAIL】

独創性に富み、粋で、妥協を許さないドラッグスター800RRは、2018年モデルより完全な再設計が施されました。バイクの中心部分は設計の焦点であり、ダイナミックでアグレッシブなスタイルのニュアンスに溢れています。格納可能な同乗者用フットペグにより、テールフェアリングは本質的な要素でありながらほぼ隠れています。

LEDリアライトクラスターの形状は、鋭く立体感のある容貌を誇る完全に独創的な要素となっています。技術的な観点から、アッパートリプルクランプに内蔵された一体型ステアリングダンパーの特殊なソリューションによりフロントエンドが極めてコンパクトで、特筆すべき点です。

【ENGINE】

エンジンはブルターレ800RRから派生し、Euro4規格に適合しています。この軽量で汎用性が高い3気筒エンジンの長年に渡る絶え間ない開発により、燃焼の最適化、電子スロットルマネジメントの完璧化、すでに優れた性能の更なる向上と同時に機械的な騒音や振動の低減が実現しました。

ギアボックスはより迅速にギアを噛み合わせ、更に非常に正確で信頼性が高くなりました。アップ&ダウンEAS 2.0オートシフター、調節可能なトラクションコントロールやカスタマイズ可能なエンジンマップを含む豊富なエレクトロニクスパッケージなどを採用しています。

スペック

エンジン形式 4ストローク 3シリンダー 12バルブ “DOHC”
総排気量 798cc
圧縮比 13.3:1
ボア×ストローク 79.0mm×54.3mm
最高出力 140hp/12,300rpm
最大トルク 8.87kgm/10,100rpm
エンジンマネージメント MVICSイグニッションシステム(MOTOR & VEHICLE INTEGRATED CONTROL SYSTEM)
4エンジンマップ(ノーマル・スポーツ・レイン・カスタム)
8段階調節トラクションコントロールシステム
EAS(クイックシフター UP&DOWN)
ギヤ カセット式6速
クラッチ 湿式多板スリッパークラッチ
全長×全幅 2035mm×935mm
ホイールベース 1400mm
シート高 845mm
最低地上高 135mm
始動方法 エレクトリック
タンク容量 16.5L
車両重量(乾燥重量) 168kg
フレーム ALSスチールパイプ トレリスフレーム
スイングアーム アルミニウム シングルサイドスイングアーム
フロントサスペンション MARZOCCHI ø43mm 倒立フォーク
リヤサスペンション SACHS プログレッシブ シングルショック
フロントブレーキキャリパー brembo 4ピストン ラジアルマウントキャリパー
フロントブレーキディスク ø320mm フローティング ダブルディスク
リヤブレーキキャリパー brembo 2ピストン キャリパー
リヤブレーキディスク ø220mm シングルディスク
フロントホイール・タイヤ アルミニウムホイール 3.50″×17″ 120/70-17
リヤホイール・タイヤ アルミニウムホイール 6.00″×17″ 200/50-17
グラフィック ブルー/ホワイト/レッド

情報提供元 [ MV AGUSTA JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る