ヤマハ「TMAX530」にサービスキャンペーン 変速ベルトが瞬間的に滑り、加速不良となるおそれ

※参考画像

ヤマハ発動機は、「TMAX530」のサービスキャンペーンを発表した。ユーザーは購入した販売店へ連絡することで、点検・修理を無償で受けることができる。

変速ベルト駆動用セカンダリシーブ(固定側及び可動側)の表面処理が不適切なため、当該接触部に埃が付着すると、瞬間的にベルトが滑り、加速不良となるおそれがある。

対象車両は、セカンダリシーブを対策品に交換し、変速特性が修正される。

【関連ニュース】
ヤマハ「TMAX530」にリコール 最悪の場合、後輪駆動用ベルトが切れて走行できなくなる、及び混合気が異常燃焼しエンストするおそれ

以下、ヤマハ発動機発表より


サービスキャンペーン開始日

平成31年1月下旬

不具合の内容

変速ベルト駆動用セカンダリシーブ(固定側及び可動側)の表面処理が不適切なため、エンジン回転時に当該ベルトとセカンダリシーブの接触部が摩耗し、接触部の摩擦力が低下することがある。そのため、当該接触部に埃が付着すると、瞬間的にベルトが滑り、加速不良となるおそれがある。

改善の内容

全車両、セカンダリシーブ(固定側及び可動側)を対策品に交換する。なお、当該シーブの交換に伴い変速特性が変わることから、プライマリシーブを対策品に交換し、変速特性を修正する。

自動車使用者等に周知させるための措置

ダイレクトメール等で通知する。

サービスキャンペーン対象車について

車名

ヤマハ

型式

2BL-SJ15J

通称名/対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間/台数

・通称名:XP530SA TMAX
  車台番号:SJ15J-000007 から SJ15J-000896
  製作期間:平成29年3月2日 から 平成30年8月20日
  対象台数:110台

・通称名:XP530DA TMAX
  車台番号:SJ15J-000017 から SJ15J-000914
  製作期間:平成29年3月9日 から 平成30年9月5日
  対象台数:777台

製作期間の全体の範囲
平成29年3月2日 から 平成30年9月5日
計887台

※上記の表の対象範囲内には、本サービスキャンペーンの対象外車両も含まれます。
対象車両の確認についてはこちらから検索いただけます。

→詳細は公式サイト発表へ

【関連ニュース】
ヤマハ「TMAX530」にリコール 最悪の場合、後輪駆動用ベルトが切れて走行できなくなる、及び混合気が異常燃焼しエンストするおそれ

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲モンスター30号車 伝説のマシンが展示 2019年4月28日(日)、埼玉県本庄サーキッ…
  2. ハーレーダビッドソンは、東日本大震災から2019年2月に復旧した宮城県・山元町農産物直売所「…
  3. ソエタ 二輪館郡山店は、二輪&四輪の合同試乗会「TEST RIDE 2019」を5月26日(…
  4. 鈴鹿サーキットは、4月20日(土)・21日(日)に開催する「2019 NGKスパークプラグ …
ページ上部へ戻る