【復刻記事/バイクで社会科見学】バイクと船舶エンジンを比べる〈前編〉

エンジンを懐に抱えて走るのがバイクの魅力。じゃあ、他の業界のエンジンはどうなってるの? ということで船舶エンジンの会社にお邪魔してみた。感動を飛び越え、思わず笑ってしまうほどのスケール感。しかしその内部は、驚くほど精密にして精巧に作り込まれている。ただデカいだけじゃない、船のエンジンの真実をえぐる!!

※ヤングマシン2013年11月号に掲載した記事を再構成したものです

文:高橋 剛 Go Takahashi 写真:長谷川 徹 Toru Hasegawa 取材協力:ディーゼルユナイテッド

さすがのNinja ZX-14Rも小さく見える!

同社の工場に初めて潜入することに成功したバイクは、カワサキのニンジャZX-14R。全長2170mmは船舶エンジンのストロークにも及ばず、さすがのフラッグシップモデルもかわいく見える。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ページ上部へ戻る