加藤大治郎と原田哲也の物語〈前編〉【2001年、ふたりだけの戦いがあった】

天才と呼ばれた、ふたりのレーシングライダーがいた。原田哲也と、加藤大治郎。世界グランプリ250ccクラスを舞台に、常人には知り得ない領域で戦ったふたり。引き合うように、そして、寄せ合うように。近付いたふたつの才能が、彼らだけの戦いを創り上げていく。才能が交差した2001シーズンの激闘を、原田哲也が振り返る。

文――高橋剛 Go Takahashi 写真――竹内秀信 Hidenobu Takeuchi/折原弘之 Hiroyuki Orihara (本稿はビッグマシン2016年8月号に掲載された記事を再編集したものです)

鮮やかに登場した「新人」を、世界王者が迎え撃つ

まばゆい光がふたつ、ぶつかり合おうとしている。色、大きさ、形、動き。すべてが異なる。しかしふたつの光はどちらも極めて強力で、もう他に何も見えない。ふたつの光は、何かに導かれるように、徐々に接近している。光と、光。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 岡田商事は、3月22日(金)から開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」の出展概要…
  2. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  3. SSTRにドゥカティオーナー専用グループで参加しよう ドゥカティは、5月25日、26日…
  4. JAFは、ホームページHAPPY BIKE!!ページ内の人気コンテンツ“バイクの音を楽しむ「…
ページ上部へ戻る