2018年にもっとも支持されたバイクはどれ?【第46回マシン・オブ・ザ・イヤー:部門別結果発表】

「マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」は、その年に発売されたバイクから人気ナンバー1を決める投票企画。1972年創刊のヤングマシンは翌1973年から日本カー・オブ・ザ・イヤーのバイク版としてこの企画をスタートし、今年で46回目を誇る伝統のイベントだ。現在も続いているプライズとしては日本最古となり、外国車も含めた無差別級の総合部門を最高峰としているのが特徴である。

ここからは、Ninja H2/CARBONがトップを受賞した総合部門(コチラ)に続き、「海外モデル部門」「国内モデル部門」「400cc部門」「250cc部門」「50~125cc部門」「アメリカン部門」「オフロード部門」「スクーター部門」「外国車部門」の各クラスの結果を順に発表していこう。

ネオクラの躍進と、ニューフェイスのインパクト

2017年のMOTYはホンダが5部門を制覇し、ニューモデル攻勢の勢いを反映した結果となった。しかし2018年は様子が異なり、各メーカーの新顔とともにビッグネームの復活やリバイバルのニューモデルが上位を賑わせた。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る