【新車】カワサキ新型「VERSYS 1000 SE」が2/1に発売 スポーツライディングとツーリングの快適性を両立

※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。
※当モデルはABS装着車です。

「ANY ROAD ANY TIME」のコンセプトをもとに開発

カワサキモータースジャパンは、新型「VERSYS 1000 SE」を2月1日(金)に発売する。

快適性と万能性を兼ね備え、さまざまな路面状況下においてストリートライディングの楽しさを提供するVERSYS 1000 SE。「ANY ROAD ANY TIME」のコンセプトをもとに、優れたレスポンスと高いフレキシビリティを発揮する水冷4ストローク並列4気筒エンジン、ロングストロークの電子制御サスペンション、軽快なシャーシを組み合わせ、ソロライディングでもタンデムライディングでも、ワインディングでもロングツーリングでも、ライダーが楽しめるような走りを追求している。

また、ライディングの高揚感とツーリング性能を高める数多くの先進装備を搭載し、ライディングの楽しさやライダーの安心感を高めている。さらに、リラックスかつ操作性の高いアップライトなライディングポジション、快適なシートと優れたウインドプロテクションが、長時間のライディングをサポート。スポーツライディングと、ツーリングの快適性を両立するオールラウンドな新型モデルだ。

【VERSYS 1000 SE】の新車・中古車を見る

VERSYS 1000 SE

エメラルドブレイズドグリーン×パールストームグレー

メーカー希望小売価格:1,868,400円(税込)

主な特長

・優れたレスポンスでオールラウンドな水冷4ストローク並列4気筒エンジン
・ロングツーリングにもスポーツライディングにも優れた、実用的なアドベンチャースタイル
・荒れた路面でも不安なくコーナリングを行えるロングストロークサスペンション
・クイックでスポーティーなハンドリングを可能にする17インチホイール
・純正アクセサリーのパニアケースとトップケースを同時装着が可能
・ソロライディングでも、タンデムライド+荷物フル積載でも状況に合わせスマートフォンからも簡単にセッティング変更ができ、挙動変化を最小限に抑えるKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)
・スムーズなスロットルレスポンスと出力特性に貢献する電子制御スロットルバルブ
・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ
・快適なロングツーリングを提供する様々な装備と機能(以下を標準装備)エレクトロニッククルーズコントロール、高輝度LEDヘッドライト、LEDコーナリングライト、スマートフォン接続機能、大型アジャスタブルウインドシールド、グリップヒーター、ハンドカバー、DCソケット
・高レベルな安心感に貢献する電子制御ライダーサポート技術(以下を搭載)ボッシュ社製IMU(慣性計測装置)、KCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)、KTRC(カワサキトラクションコントロール)、パワーモード選択、KECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)、インテグレーテッドライディングモード、KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)、KQS(カワサキクイックシフター)
・便利なヘルメットロック、センタースタンド
・傷を自己修復するカワサキの新しい特殊コーティング塗装、ハイリーデュラブルペイント
・標準装備されたETC2.0車載器キット

→詳細は公式サイトへ

【VERSYS 1000 SE】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲モンスター30号車 伝説のマシンが展示 2019年4月28日(日)、埼玉県本庄サーキッ…
  2. ハーレーダビッドソンは、東日本大震災から2019年2月に復旧した宮城県・山元町農産物直売所「…
  3. ソエタ 二輪館郡山店は、二輪&四輪の合同試乗会「TEST RIDE 2019」を5月26日(…
  4. 鈴鹿サーキットは、4月20日(土)・21日(日)に開催する「2019 NGKスパークプラグ …
ページ上部へ戻る