【新車】ヤマハ、「Vino」2019年カラーを発売 トレンド感をプラスした3色を新設定

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「Vino」のカラーリング設定とグラフィックを変更し、2019年カラーとして2019年2月1日より発売すると発表した。

今回の新色は、ポップで元気な「パールシャイニングイエロー」、ナチュラルでやわらかな「プコブルー」、さわやかでアクティブな「アーベインデニムブルーメタリック」の3色。カラーラインナップは継続色も含めて6色展開となる。
また、アイドリングストップ・システム、コンビブレーキ、アクセサリーソケット内蔵グローブボックス などの機能・装備は、現行モデルから継続される。

なお製造は、本田技研工業が行う。

Vino

メーカー希望小売価格:199,800円(税込)

新色 パールシャイニングイエロー

新色 プコブルー

新色 アーベインデニムブルーメタリック

継続販売

・マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)
・グラファイトブラック(ブラック)
・パールアンブラウン(ブラウン)

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る