ホンダが2019年モータースポーツ活動計画概要を発表 MotoGPクラスはロレンソ加入の新体制

ウェビックバイクニュースはバイクに関するあらゆる情報を発信します

Hondaは、2019年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画について発表した。今年はマン島T.T.レースに参戦してから60年という節目の年となる。

2019年も二輪、四輪それぞれの最高峰レースに参戦するとともに、日本をはじめとした各地域において、多様なカテゴリーのレースへの参戦を計画している。

ライダー、ドライバー、エンジニア、メカニックほかチームスタッフをはじめとした、Hondaのモータースポーツ活動に関わる全ての人が「TEAM Honda」として一丸となり、全力で闘っていく。

以下プレスリリースより


二輪モータースポーツ活動

FIMロードレース世界選手権 MotoGPクラスでは、2018年シーズンに3年連続5度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスに加え、3度MotoGPチャンピオンを経験しているホルヘ・ロレンソが「Repsol Honda Team」に加入。Hondaは新体制で3年連続となるMotoGPタイトル三冠達成を目指します。またFIMスーパーバイク世界選手権では、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)が「Moriwaki Althea Honda Racing」をサポートすることで参戦体制を強化します。

全日本選手権においてもロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスに参戦。モトクロス、トライアルの連覇と、ロードレースでのタイトル奪還による、2017年以来となる全日本選手権三大タイトル制覇に挑みます。

四輪モータースポーツ活動

パワーユニット(PU)サプライヤーとして参戦するFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)では、「Scuderia Toro Rosso」に加え、「Red Bull Racing」へのPU供給を開始。2チームへ同一仕様のPUを供給しさらなる進化を図ります。またFIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)、FIA フォーミュラ・スリー選手権(F3)への若手ドライバー参戦など、F1を目指すドライバーのチャレンジもサポートしていきます。

国内レースでは、昨シーズンダブルチャンピオンを獲得したSUPER GT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権においてチーム体制の変更を行い、連覇を目指します。

北米においてはインディカー・シリーズに、佐藤琢磨が2018シーズンと同じく「Rahal Letterman Lanigan Racing」から参戦します。

→参戦体制(選手一覧)など詳細は公式サイトへ

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 全日本モトクロス選手権の開幕戦が、熊本県のHSR九州で4月13日(土)、14日(日)に開催さ…
  3. 全日本ロードレース選手権の開幕戦が、栃木県のツインリンクもてぎで4月6日(土)、7日(日)に…
  4. NEXCO中日本八王子支社は、3月29日にE68 東富士五湖道路が全線開通から30周年を迎え…
ページ上部へ戻る