東京湾アクアラインの「AI渋滞予知」が30分ごとの通過所要時間提供へ

所要時間および交通需要を予測する世界初の技術で実現

NEXCO東日本とNTTドコモ(以下、ドコモ)は、東京湾アクアラインで実証実験中の「AI渋滞予知」※1をリニューアルし、時間帯別のアクアライン通過に要する時間※2と交通需要※3の提供を2018年12月22日(土)から開始した。

アクアラインでは、携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成されるリアルタイム人口統計※4とNEXCO東日本が保有する過去の渋滞実績および規制情報等をかけ合わせ、ドコモが人工知能(AI)技術を用いて開発した「AI渋滞予知」により帰宅時間帯の渋滞を予測する実証実験を2017年12月から行われている。その実験を通じて、渋滞の開始時刻やピーク時の渋滞距離などの情報をNEXCO東日本のWEBサイト「ドラぷら」で配信中だ。

今回のリニューアルは、人口統計により把握した当日の人出から数時間先までの高速道路の所要時間および交通需要を予測する世界初※5の技術により実現したもので、30分ごとの通過所要時間などを伝えることが可能となる。

両社は実証実験の検証の後、本格導入と他路線への展開に向けた検討を進めていく。

注釈(プレスリリースより)
※1 AI渋滞予知はNTTグループのAI「corevo」を構成する技術です。
※2 木更津JCTから川崎浮島JCTまでの通過に要する時間。
※3 交通需要とは、各時間帯において高速道路を潜在的に通過しようとする車両台数で、道路が流せる交通量(交通容量)に 制限が無かった場合の交通量に相当します。
※4 本実験で使用する人口統計は、ドコモの「モバイル空間統計」を高速化したものです。エリアごとや属性ごとの集団の人数を示す情報であり、お客さま個人を特定することはできません。本実験で使用する人口統計は、お客さまのプライバシーを厳重に保護するべく、モバイル空間統計を作成・提供する際の基本事項をまとめた「モバイル空間統計ガイドライン」を順守しております。
※5 2018年12月21日(金)、ドコモ調べ

→詳細はこちら

情報提供元 [ NEXCO 東日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 皆さんの「欲しいバイク」を集めてみました ウェビックユーザーから集めた「2019年こそ欲し…
  2. ▲Ninja H2 SX SE+ ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モ…
  3. ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モデルはABS装着車です。 …
  4. ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モデルはABS装着車です。 …
ページ上部へ戻る