【OGA 小川裕之 コラム】トリッカーでスタンディングスティル ローリスク・ハイリターンなテクニック

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

OGAチャンネル史上最もローリスクなテクニック

今ままでいろんなライディングテクニックを解説してきたけど、今回はOGAチャンネル史上最もローリスク、ハイリターンなテクニック解説です。

今回解説するのは、OGA式のスタンディングスティルです。僕自身、習ったことがないので、あくまで自分の独学の方法です。セオリーとはちょっと違うかもしれない。でも、基礎的なバランスのとり方やバイクの操作方法は参考になると思うので紹介していこう!この技術をマスターできると圧倒的な低速走行のスキルが身に付きます。

スタンディングスティルって?

基本的にはスタンディングスティルっていうのはトライアルの技術になります。さらに、トライアルの場合はエンジンを切って立ち続けます。でも、これって競技に特化していて、難易度も高いし、トライアルのバイクでないと難しい技術です。これを市販車の車重が重いトレールバイクやオフロードバイクでやるとさらに難易度が上がって、競技者向けの技術で一般向けではありません。

もっというと、土の上でやるほうがスタンディングスティルは簡単です。さらに、空気を抜いたトライアルタイヤはもっとやりやすくなります。逆にアスファルト上では接地面積が減りバランスがとりづらく、さらに空気圧の高いロードタイヤだとほぼバランスはとれなくなります。だから、ロードバイクでスタンディングスティルをやることはとても難しいんですね。

さらに、ビックバイクだと車重が増え少しバランスが崩れただけで、修正ができなくなります。みなさん、白バイ隊員もスタンディングスティルをやっているところを見たことがあると思いますが、エンジンをかけながら微速度で進んでいるのはそういう特性の違いがあるからです。

僕の方法は白バイ隊員の方法だと思う

そこで、僕が解説するのはOGA式のスタンディングスティル。エンジンをかけながら微速度で進みながら、時折止まりながら練習する方法。最終的には、同じ場所で立ち続けることも可能になります。

おそらくこの方法は白バイ隊員のスタンディングスティルと同じだと思います。習ったことがないので、あくまで予想ですが、小さな違いはあるかもしれないけど、かなり似た方法のハズ!

あえて常に右側にバランスを崩そう!(僕は右だけど、みんなの好きな方向でOK)

自分はハンドルを右に切るほうが好きなので、右回りで解説しますが、皆さんは好きな方向で構いません。

では、解説していこう。バイクをまっすぐ立てて、バランスを取ろうとすると、必ず左右のどちらかにバランスが崩れます。つまり常時、左右の二択に迫られていて、これがスタンディングスティルを難しくする要素の一つなんです。実はセンターでバランスをとると難しくなるのです。なので、それを解消する方法として、僕は右に常にバランスを崩しておくことで、煩雑な二択の操作を解消しました。

「右にバランスを崩しておく = 右にバイクを寝かす」

っていうことになるんだけど、バイクは常にセンターから少しだけ右側にバンクしています。
体は常に垂直なので、バイクと体が微妙にV字バランスになります。このV字バランスをキープすることが、スタンディングスティルでバランスをとることになるわけです。

具体的には、バイクが右に寝ているため、右ひざの内側がバイクに当たりホールドすることができます。このホールド感(芯)を常に左右に調節しながら、バランスをとることでV字バランスを調整するわけです。

右にバランスを崩しすぎた場合

少し進んでごまかしましょう(笑

でも、なるべく最小限の前進で納めることがポイントです。オフロードのタイヤでいうと、タイヤのブロック数個分以内で納める超微妙なクラッチ&アクセルワークで調整することが重要かつ難しいポイントです。

少し進んでも良いというルールで練習のハードルを下げることで、早くバランスの取り方を覚えることができます。アクセルワークとクラッチワークを丁寧に操作できるように練習しましょう。コツはバランスが崩れることを察知するライダーのセンサーの感度を上げて、前もってバイクを修正してしまうのが大切です。大きくバランスを崩してしまうと、大きく前進しないと修正ができなくなります。

ということで下記の動画を見ながらぜひ練習してみてください!
個人的には、僕らがやっているウィリーサークルなんかよりも難しいバランス操作になります。冗談じゃないですよ!ほんとですよ(笑

トリッカーでのスタンディングスティルのやり方(OGA流)

→小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る