ヤマハ、2050年までに製品使用時のCO2排出量を2010年比で50%削減へ

ヤマハ発動機は、「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」を策定した。
この計画は国際的なイニシアチブであるSBTi※1(科学と整合した目標設定)の考えに基づき、製品使用時のCO2排出量、生産や物流におけるCO2排出量、資源利用のそれぞれについて2050年までに2010年比で50%削減を目指し、同時にグローバル視点で環境保全と生物多様性に取り組むもの。

同社は、1991年に「地球環境方針」を制定して以来、環境経営を推進してきた。2003年からは「ヤマハグループ地球環境方針」の下、グローバル企業として海外を含めたヤマハ発動機グループ全体の環境活動を開始し、現在は「ヤマハ発動機グループ環境計画2020」の目標達成に向けて着実に取り組みを進めている。
一方、国際社会では、気候変動課題におけるパリ協定締結、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)など、ESG(環境・社会・ガバナンス)課題に積極的に取り組む企業への期待が高まっている。

同社は、陸・海・空と地球の大自然をフィールドに活躍する多様な商品群、地球への環境負荷が小さい「軽量・コンパクト」を強みとして、世界の人々に自由な移動と豊かな生活を提供することで成長してきた。
今後も、持続可能な社会の実現を目指し、ESG課題に積極的に取り組む企業として「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」の目標を達成することで世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供していく。

※1 ヤマハ発動機グループは2018年5月にSBTiに基づく目標を設定することを宣言した。

ヤマハ発動機グループ環境計画2050

※2 水使用量は各国リスクに応じた施策により最小化を狙う

>>環境計画2050詳細はこちら

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 伝統を受け継いだ最新のハーレー 115周年を迎えたハーレーダビッドソンが2018モデル…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 前後16インチのFLスタイルにワイヤースポ…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 77年に登場した「ローライダー」は当時…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ファットボブは旧ダイナファミリーから移籍し…
ページ上部へ戻る