日本車LEGEND#9(平成9~12年)「世界最速」最終決戦

日本が生んだ伝説の名車たちを紹介するシリーズ。国産市販バイクが世界の頂点に上り詰めた昭和44年(1969年)から現代に至る50年の間に登場した”エポックメイキングなロードスポーツ”をテーマににお届けする。本稿は平成9~12年(1997~2000)、“「世界最速」最終決戦”編。

レプリカブームはリッタークラスへ。速度自主規制発動から世界最速ロマンも終焉へ

ZZ-R1100やCBR900RR、CB1300 SUPER FOURといった大ヒットが生まれたこと、そして教習所での大型二輪免許取得が可能になったことから、1990年代後半はビッグバイクブームが加速していく。

そして登場したのは、ドゥカティに対抗しうる国産Vツイン勢。ヤマハTRX850のスマッシュヒットが引き金になっていた面もあるが、いずれにせよリッターレーサーレプリカが誕生してしまったのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 伝統を受け継いだ最新のハーレー 115周年を迎えたハーレーダビッドソンが2018モデル…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 前後16インチのFLスタイルにワイヤースポ…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 77年に登場した「ローライダー」は当時…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ファットボブは旧ダイナファミリーから移籍し…
ページ上部へ戻る