G310Rのカスタム仕様、フルカウルのG310SSがついに完成!

本誌が描いた妄想CGが現実へ──。BMW・G310Rのフルカウル仕様を製作するプロジェクトが大きく前進し、ついにプロトタイプが完成した。
※ヤングマシン2019年1月号(2018年11月24日発売)より

まるで”純正モデル?!”な見事な仕上がり

パッと見て「S1000RR?」と勘違いした人も多いのではないだろうか? ──ベース車は紛うことなきネイキッドのG310R。本誌プロジェクトから生まれた夢のマシンだ。このプロジェクトは、ヤングマシンがCGで考案したフルカウル仕様を、外装パーツで有名なエーテックが製作するというコラボ企画。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る