【新車】MVアグスタ「BRUTALE1000 Serie Oro」が限定発売 EICMA 2018「最も美しいバイク」選出モデル

※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。

唯一無二のネイキッドスーパースポーツが登場

MVアグスタは、「BRUTALE1000 Serie Oro(セリエ オロ)」を世界限定300台で2019年9月に発売する。このバイクは、その高級感あふれる洗練されたスタイルにより、EICMA 2018で最も美しいモーターサイクルに選出されている。

スタイルだけでなく、スーパーバイク世界選手権で培ったレーシングテクノロジーが全て注ぎ込まれ、新設計並列4気筒エンジンは新開発専用ECUで制御。圧倒的なパワーを達成していると同時に、あらゆる電子制御により、ライダーが意のままに操ることのできるマシンに仕上がっている。

【BRUTALE1000 Serie Oro】の新車・中古車を見る

BRUTALE1000 Serie Oro

マットショックパールレッド

■メーカー希望小売価格:ABS装備 5,940,000円(消費税8%含む)

※記載の税込価格は消費税率の改定等に伴い変更される場合があります。希望小売価格(リサイクル料金含む)には保険料及び登録に伴う諸費用、重量税は含まれておりません。価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。

■発売予定:2019年9月
※2018年12月より先行予約受付開始

製品情報

【DESIGN】

個性が際立つブルターレのデザインは、ヘッドライトからフューエルタンク、テールフェアリングまで極めて特徴的な要素を持っている。ヘッドライトはフルLED、慣性プラットフォームにより制御されたコーナリングライトを併せ持ち、バンク角により旋回方向を照らす。また、オートバイでは初のヘッドライトユニットの内部に色を付け、ステアリングベースも対応して『X』の形状を成している。

エンジン及びエレクトロニクス機能は、解像度800×480pxの5インチカラーTFTダッシュボードに表示される。Bluetoothを介してスマートフォンをダッシュボードに接続でき、電話、メール、さらに音楽の操作も可能。

高級感のあるカーボンファイバーを各部に採用し、RVS#1でも装備したビレットフットペグブラケットなど充実した仕様となっている。カラーリングもマット仕上げにファイヤーレッドの配色で、クロムに似た独特のメタリック効果を演出し、上品さと優雅さが融合された。

また、チタン製エキゾーストと専用マッピングを含む専用キットが付属されている。

【ENGINE】

新たな4気筒エンジンは、素材、設計、エレクトロニクスの大幅な見直しによって最高出力208hp/13,450rpm、最大トルク115.5Nmを発揮する。さらに、特別設計されたサーキット専用SCプロジェクト社製チタンエキゾーストシステムと専用ECUのレーシングキットを搭載することで、最高出力は212hp(156kw)/13,600rpmまで数値は増大する。

伝統の並列4気筒のレイアウトに拘り続け、セントラルタイミングチェーンと燃焼室にラジアルバルブを配置するMV AGUSTAの独創的な技術を採用し続けながら、わずかなパーツを残して原設計が根本的に見直された。チタン製ラジアルバルブは完全に再設計され、カムシャフトタイミングは吸排気の双方が最新式のフェージングに改良された。

その他主要アップグレード

■ピストン(低摩擦コンプレッションリング採用)
■新設計クランクシャフト(パワーロス対策)
■潤滑システム
■プライマリードライブ、トランスミッション(摩擦低減化)
■カーボン製クラッチカバー、フォニックホイールカバー(低騒音化)
■新設計エアボックス(軽量化とパワーロス低減)
■エキゾーストシステム(規制適合、トルク向上)

【ELECTRONICS】

4気筒専用のECUを新開発。フルマルチマップのRide By Wireシステムにより制御され、IMU慣性プラットフォームにより調整された乗り心地は、本物のスーパーバイクに匹敵する。

慣性プラットフォームはトラクションコントロール(8段階調整)及びアンチウィリーシステムを制御。さらにローンチコントロール及びギアのアップ&ダウンEAS2.0ギアボックスシステムにより、ブルターレのエレクトロニクスパッケージが完成された。

【CHASSIS/SUSPENSION/BRAKE】

シャーシはネイキッドスポーツバイクのハンドリングとスーパースポーツバイクの安定性を兼ね備えた設計を実現。フレームには1,432mmのホイールベースに対応する新たなシングルサイドスイングアームを採用。また、専用設計されたOHLINS製電子制御式フォークを連結。OHLINS製TTX36ショックアブソーバーとステアリングダンパーは専用のECUで制御される。

ダウンフォースと高速安定性の向上の為、ラジエーターサイドにスポイラーを装備。ブレーキシステムは直径320mmのフローティングディスクをグリップする最先端のブレンボ製スティルマキャリパーを搭載。電子制御式ABSは最もコンパクトなボッシュ製9.1ABSシステムで制御されている。また、タイヤ圧センサーとゴールドレーシングチェーンが標準装備されている。

ブルターレはパワーだけでなく、軽量で効率的。特殊な透明赤色塗装のカーボンファイバーホイールリムは、ばね下荷重や慣性を最小限まで軽減する。カーボンファイバーはテールフェアリングカバーをはじめとする上部構造の主要パーツとなっている。CNCマシニング加工された多くのコンポーネントとリチウムバッテリー採用により軽量化が図られた。

主要諸元(スペック)

エンジン形式 4ストローク 4シリンダー 16バルブ“ DOHC”
総排気量 998cc
圧縮比 13.65:1
ボア×ストローク 79mm × 50.9mm
最高出力 208hp/13,450rpm
最大トルク 11.7kgm/9,300rpm
エンジンマネージメント MVICSイグニッションシステム(MOTOR & VEHICLE INTEGRATED CONTROL SYSTEM)4モード(ノーマル・スポーツ・レイン・カスタム)、8段階調節トラクションコントロールシステム、EAS(クイックシフター アップ・ダウン)
ギア 6速
クラッチ 湿式多板クラッチ
全長×全幅 2,086mm × 1,031mm
ホイールベース 1,432mm
シート高 845mm
車輌重量(乾燥重量) 186kg ※レーシングキット装着時184kg
タンク容量 19L
フレーム スチールパイプ トレリスフレーム
スイングアーム アルミニウムシングルサイドスイングアーム
フロントサスペンション Ohlins EC Nix Ø43mm 倒立フォーク 電子制御式
リアサスペンション Ohlins TTX プログレッシブ シングルショック 電子制御式
フロントブレーキキャリパー Brembo 4ピストン ラジアルマウントキャリパー
フロントブレーキディスク Ø320mm フローティング ダブルディスク
リアブレーキキャリパー Brembo 2ピストンキャリパー
リアブレーキディスク Ø220mm シングルディスク
フロント・リアホイール アルミニウムスポークホイール フロント3.50“×17“リア6.00“×17“
タイヤサイズ フロント 120/70-17 リア 200/55-17
カラーリング マットショックパールレッド/マットカーボンレッドスレッド
装備 マグネシウムエンジンカバー 車体部品、固定用の一部にチタンボルト採用
レーシングキット SC Project チタニウムサイレンサー + 専用 ECU(サーキット走行用)、カーボン、パッセンジャーシートカバー、レーシング ERGAL フューエルタンクキャップ、CNC フロントブレーキ/クラッチレバー、クラッチフルードリザーバーキャップ、バイクスタンド、専用バイクカバー、証明書

【BRUTALE1000 Serie Oro】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ MVアグスタジャパン ]

関連記事

ページ上部へ戻る