2019モデル発表:トライアンフ スピードツイン【1200ccエンジン搭載で伝説が復活】

ボンネビルシリーズにはじまるモダンクラシックのラインナップに、トライアンフの伝説的なビッグネームがニューモデルとして加わった。スラクストンRのパワフルさとテクノロジーをもっと扱いやすく、ボンネビルT120の快適さにさらなる一体感を――。日本への導入時期は2019年春、価格は未定とのことだ。

伝説のスピードツインとは

世界で初めて大ヒットしたパラレルツインを革命的なシャーシに搭載し、モーターサイクルの様相を一変させたという1938年オリジナルのスピードツイン。そのハンドリングやパフォーマンスにより、トライアンフは世界一のモーターサイクルブランドとしての地位を確立したという。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ページ上部へ戻る