【新車】トライアンフ、「Street Scrambler」2019年モデルを発表 パワーと性能を大幅にアップデートし12/15より発売

トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を発売すると発表した。

美しく個性的で愉しい、アクセシブルな新型Street Scrambler。トライアンフの最も愛される真のモダンクラシックモデルの1つだ。
堅牢なオフロードのスタイルとクールな多用途性を備えたこのモデルは、2017年に発売されて以来、お客様とカスタマイザーの両方に受け入れられてきた。

世界初のトライアンフスクランブラー、Bonneville T120 TTとTR6 ‘C’が誕生した1960年代初頭からの比類なき伝統を継承しながらも、2019年モデルの新型Street Scramblerは、パワーと仕様の大幅なステップアップ、クラス最高峰の新テクノロジー、そしてさらに高いレベルのフィニッシュと美しいスクランブラーのディテールにより、まったく新しい次元のパフォーマンスを提供する。

メーカー希望小売価格は1,280,100円から(税込)。

【関連ニュース】
【新車】トライアンフ、2019年モデル「NEW Street Scrambler」を発表 自由と愉しみのために誕生したモデル

【Street Scrambler】の新車・中古車を見る

NEW Street Scrambler

メーカー希望小売価格:1,280,100円(税込)

フュージョンホワイト

クランベリーレッド

カーキグリーン×マットアルミニウム(ジェットブラックのコーチライン付き)

特徴

■強化されたパワーと性能

・65PSへの大幅な出力増加(10PS増)、従来からピークパワーが18%増強
・前世代よりも500rpm高い最高回転数を実現する高回転エンジン
・80Nmの最大トルク
・真のスクランブラーサウンド

■ライディング向上のためのハイスペック

・新しいBrembo製4ピストンフロントブレーキキャリパーによりブレーキ性能が向上
・新しい高性能カートリッジフロントフォークにより快適な走行性が実現
・幅広のバーハンドル、フォワードセットペグ、19インチフロントホイールによるダイナミックなスクランブラーエルゴノミクス
・オンロードまたはライトオフロードでも優れたグリップを発揮するデュアルパーパスタイヤ
・あらゆるライダーの身長に対応するアクセシブルなローシート高

■クラス最高峰の新テクノロジー

・新ライディングモードRoad、Rain、Off-roadモード
・切り替え式ABSと切り替え式トラクションコントロール
・トルクアシストクラッチ
・LEDリアライト
・イモビライザーとUSB電源ソケット

■目的を持つ美しさ

・新しくより現代的なロゴ
・新しくよりプレミアムなインストルメントディスプレイ周り
・新しいアドベンチャー志向のシートフィニッシュ
・スクランブラースタイルの存在感とバランスをもたらす幅広のフロントフォーク
・特徴的で余分なものは取り除かれたスクランブラーの外観とディテール

■カスタマイズするために誕生したモデル

・120を超えるカスタムアクセサリー
・新しい‘Urban Tracker’インスピレーションキット

【Street Scrambler】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ Triumph ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る