ロイヤルエンフィールドの新型2気筒が欧州で価格発表

コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の新型パラレルツインを搭載するニューモデルの登場だ。以前の記事(コチラ)でも紹介したように、いまロイヤルエンフィールドは大きな変化を見せようとしている。

空油冷並列2気筒でビッグネームが復活

’17年11月5日にイギリス、セントラルミッドランド地区にテクノロジーセンターを開設したロイヤルエンフィールドは、その前後に新型の648cc、空油冷2気筒エンジンを搭載した2車の開発を発表していた。それがこれから紹介するインターセプター650と、コンチネンタルGT650だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る