トランポとしても注目のホンダ「N-VAN」がオートカラーアウォード2018でグランプリを受賞

▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック)

Hondaの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、12月8日(土)、車両の優れたカラーデザインを顕彰するオートカラーアウォード2018においてグランプリを受賞した。Hondaとしては、2008年の「FCXクラリティ」、2010年の「CR-Z」以来、3度目のグランプリ受賞となる。

※「オートカラーアウォード」は、一般社団法人日本流行色協会、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が主催し、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度。1998年より毎年実施し、今年で21年目を迎える。

今回の受賞対象となるカラーデザインは、「エクステリア:ガーデングリーン・メタリック/インテリア:ブラック」。

▲N-VAN +STYLE FUN (インテリア:ブラック)

受賞理由は、以下の通りとなっている。

クルマは今や個人が所有するというよりも、シェアしていく時代へと変わっている。N-VANのガーデングリーンは、様々な用途に使うことができ、また年齢や性別に関係なく、誰にでもマッチすることのできる色。シェアの時代にふさわしい、新しいニュートラルカラーとも言えるだろう。クルマに興味のない人にも、充分に訴える力がある。
* 一般社団法人日本流行色協会のホームページから引用

オートカラーアウォード2018関連ホームページ

https://www.jafca.org/seminarandevent/20180831_001.html


N-VANは、発売当初、Webikeバイクニュースでもトランポの新たな定番になりうる車として紹介した製品。先日には、2018年度予防安全性能アセスメントにおいても最高評価となる「予防安全性能評価 ASV+++」を獲得。さらに2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいても「実行委員会特別賞」を受賞した。

【関連ニュース】
ホンダ「N-VAN」が予防安全性能アセスメント最高評価を獲得 トランポの新定番としても注目の軽バン
ホンダ「N-VAN」が18-19日本カー・オブ・ザ・イヤーで実行委員会特別賞を受賞
チュートリアル福田さんが宣戦布告!ホンダのN-VANカスタムカー企画に挑戦状

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る