日本のカスタムビルダー「ZON」がセンセーショナルなバイク「Departed」を初披露

BMWの次世代ボクサー・エンジンのプロトタイプを使用

12月2日(日)に横浜で開催されたヨコハマ・ホット・ロッド・カスタム・ショーで、二輪車のカスタム・モデル「Departed」が初披露された。

「Departed」は、日本の二輪車カスタム・ビルダーとして知られるカスタムワークスZON(ゾン)によって製作されたオリジナルバイク。BMW Motorradからの委託を受け、素晴らしいカスタムバイクに仕上げられた。このマシンの特徴は、新しいBMWの次世代ボクサー・エンジンのプロトタイプを使用していることである。

外観形状や、左右に広がるシリンダー上部に見えるプッシュロッド・カバーのような形状のクローム・パーツは、1960年代後半までに製造されたBMW Motorradのボクサー・エンジンを彷彿とさせる一方、発表されたカスタム・マシンに搭載されたエンジンは、明らかに大きく、近代的な空油冷方式が採油されているのが分かる。このエンジンを搭載する予定のモデルについて、その詳細は発表される予定はない。

その低く構えたシルエットは、1920年から1930年にかけてエルネスト・ヘンネが最高速に挑んだ“レコード・ブレイカー”を連想させ、23インチのアルミ削り出しの大径ホイールは細いタイヤと組み合わせられている。また、スイングアームとトリペゾイダル・フロントホイール・フォークは無垢材から削り出されて、隠されたサスペンションによってチューブラースペースフレームにセットされている。そして大排気量エンジンは補強されたフレーム材によってエンジンにつり下げられている一方、燃料タンクやシートなどは板金加工によって制作されている。

カスタムワークスZONは、2003年に吉澤雄一氏と植田良和氏によって滋賀県で設立され、その卓抜した創造性によって広く知られている。同社は、カスタム・メーカーが集う著名な展示会に定期的に招待されている。例えばアメリカ、ミルウォーキーの「ママ・トライド・ショー(Mama Tried Show)」、オースティンの「ハンドビルト・モーターショー(The Hand Built Motorshow)」、「ブルックリン・インヴィテーショナル(Brooklyn Invitational)」などである。

彼らの小さなワークショップには数多くのトロフィや賞状が飾られており、その技術やクラフトマンシップに加え、デザイン性の高さが評価されている。経験を積み重ねることで積み上げられたクラフトマンシップと、近代的な技術によって生み出される伝統的なスタイルは、高品質な日本製プロダクトのなかにあっても最高の品質で仕上げられている。それこそがZONが生み出すカスタム・バイクの特徴である。

吉澤雄一氏は、BMW Motorradとのコラボレーションを大変喜び、次のようにコメントした。「業界でも輝かしい伝統をもつブランドの、画期的な新型フラット・ツイン・エンジンのプロトタイプを使用して、カスタム・バイクを作り上げることができることは大変な名誉であり、大きな挑戦でもありました。」

ムーンアイズ・ショーの通称で知られるこのショーは、毎年横浜で開催され、今年で27回目を迎える。そのショーは1日しか開催されないにも関わらず、毎年1.5万人の観客を集める。世界中から集まったクルマとバイクのカスタム・ビルダーによって制作された300台近くの自動車と、650台の二輪車が参加。それぞれのブースに展示される。

情報提供元 [ BMW Motorrad ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る