【新製品】ハリケーン、2018年型CB250R/125R用のハンドル、フェンダーレスキットなどを発売

ハリケーンは、2018年型CB250R、CB125R用の「BMコンチ3型ハンドルキット」「スクリーン」「フェンダーレスキット」「リアキャリア」「ブラックロングケーブル」を発売する。

今回発売する製品はCB250RとCB125R、共通で取り付けることができる。(ケーブルを除く)

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R/125R用 BMコンチ3型 ハンドルキット 商品ページ
ハリケーン:CB250R/125R用 スクリーン 商品ページ
ハリケーン:CB250R/125R用 フェンダーレスキット 商品ページ
ハリケーン:CB250R/125R用 リアキャリア 商品ページ
ハリケーン:CB250R用 ロング スロットルケーブル W 商品ページ
ハリケーン:CB125R用 ロング スロットルケーブル W 商品ページ
ハリケーン:CB250R/125R用 ロング クラッチケーブル 商品ページ

BMコンチ3型 ハンドルキット

価格:クロームメッキ 5,500円(税抜)/ブラック(2重塗装) 5,900円(税抜)
<12月中頃発売>

▲クロームメッキ
▲ブラック

CB250R、CB125R にお勧めのφ 22.2mm のスイッチ穴加工済ハンドルスペーサーリングを使用してφ 28.6mm 用のノーマルホルダーに装着可能にしています。ノーマルケーブル類のままで取付可。
■ノーマル比:10mmアップ/30mmバック
■当社ハンドルブレースSSサイズが適合

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R/125R用 BMコンチ3型 ハンドルキット 商品ページ

スクリーン

価格:16,500円(税抜)
<12月上頃発売>


ヘッドライトの固定ボルトを使用して簡単に取付けできます。
■スモーク

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R/125R用 スクリーン 商品ページ

フェンダーレスキット

価格:9,600円(税抜)
<12月上頃発売>

リアまわりをスタイリッシュに!ボルトオンで装着できます。
ベースプレートは軽量化と耐久性を考慮したアルミ製ブラックアルマイト仕上げ。
高輝度白色LEDライセンスランプ、簡単に接続できる専用ハーネス付きです。
フェンダーレスキットとリアキャリアは同時装着可能です。
※リフレクターが別途必要です。
※ナンバー角度が45度の設定の為、2021年4月以降新規登録車両は新基準により適合外

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R/125R用 フェンダーレスキット 商品ページ

リアキャリア

価格:16,000円(税抜)
<3月上頃発売>

▲フェンダーレスキットとリアキャリアは同時装着可能です。

■許容積載量 3.5kg
■荷台サイズ 前巾 280×後巾 200×長さ 180mm
■ブラック(電着塗装+静電焼付塗装)

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R/125R用 リアキャリア 商品ページ

ブラックロングケーブル

■CB250R(MC52)100mm ロング・スロットルW 3,700円(税抜)
■CB125R(JC79)100mm ロング・スロットルW 3,700円(税抜)
■CB250R(MC52)120mm ロング/CB125R(JC79)100mm ロング・クラッチ 1,900円(税抜)

インナーワイヤーはステンレス製
摩擦係数が少なく軽くて滑らかなレバーワークを実現します。
※クラッチはノーマル長さ違いの共通です。

【Webikeショッピング】
ハリケーン:CB250R用 ロング スロットルケーブル W 商品ページ
ハリケーン:CB125R用 ロング スロットルケーブル W 商品ページ
ハリケーン:CB250R/125R用 ロング クラッチケーブル 商品ページ

CB250R(’18- MC52) CB125R(’18- JC79) 汎用品の適合

表記パーツはCB250R、CB125R共、共通で取付出来ます。

■マスターシリンダーCAP
品番:HA7503C/A
価格:3,600円(税抜)

■ステムナット
品番:HT0803A/BU/T/R
価格:1,500円(税抜)

■ステップバー TYPE I
品番:HF5101A-01/B
価格:8,000円(税抜)

■ステップバー TYPE II
品番:HF5131A/B
価格:8,000円(税抜)

※品番末尾のアルファベットはカラー 
A=シルバー/BU=ブルー/T=チタンカラー/R=レッド/B=ブラック/C=クロームメッキ

情報提供元 [ ハリケーン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る