【部品交換時に注意】CBR250Rレースベース車ウォーターポンプシャフトのオイルシールが変更

※記事内画像はすべて公式サイトのスクリーンショット

タフネスアップを目的に大型化

ホンダは、CBR250Rレースベース車のウォーターポンプシャフトのオイルシールが変更されていることについて、公式サイトにて注意喚起している。2018年販売のフレームNo.MC41-1403864以降の番号より、タフネスアップを目的に大型化されているため、部品交換時などに注意する必要がある。

なお、このオイルシール変更に伴い、Rクランクケースカバー/ウォーターポンプシャフトも変更されており、オイルシール単体での交換は出来なくなっている。また、フレームNo.MC41-1403864以前の車両でも、Rクランクケースカバー/ウォーターポンプシャフト/オイルシール3点を同時交換する事で、タフネスアップしたオイルシール仕様に変更できる。(CBR250R Dream Cupレギュレーション上変更可)

→詳細は公式サイトへ

情報提供元 [ Honda ]

Webikeの純正部品ページで”最短見積り”できます!(PR)

Webikeの純正部品ページでは、いつでも無料で見積りができます。
純正部品の品番と個数を入力するだけでOK。
見積りから商品発送が、最短で翌日までに完了します!

→Webike純正部品ページ

▼純正部品ページの様子 品番と個数を入力するだけ!

見積り・注文ページはこちら↓

→Webike純正部品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る