【Webike IKAZUCHI Racing】2018 ARRC(アジアロードレース選手権)でチームタイトルでのシーズンチャンピオンを獲得!

アジアロードレース選手権(ARRC)の最終戦が12月の頭となる、12月1日から2日にタイの「チャンインターナショナルサーキット」で開催された。

最終戦にはチームタイトルを賭けて臨んだWebike IKAZUCHI Racing。
アンソニー・ウエスト選手の代役として参戦したランディー・クルメナッハ選手とシェルダン・モラリス選手が1・2レースでポイントを獲得し、チームタイトルでのチャンピオンを獲得した。

厳しいレース展開のなか Webike IKAZUCHI Racing がチャンピオン獲得

ランディー・クルメナッハ選手は今シーズン、ワールドスーパースポーツ(WSS)での表彰台を多く獲得しているトップライダーで、今回の最終戦に向けタイトル獲得を悲願とするチームから招聘を受けた。

WSS仕様からARRC仕様のバイクの適応のために公式練習で多くのラップを重ね、決勝レースに臨んだ。

決勝レース1は、シェルダン選手8位、クルメナッハ選手は9位と言う結果で、レース中、エンジンの熱が上がり過ぎると言う症状が出て、ストレートスピードが伸びないという問題に直面。
コーナーで他車の前に出ても、あっさりストレートで抜き返されると言う厳しいレース展開になった。
チームは可能な限りの改善対策を施して日曜日に実施される決勝レース2に臨むことになった。

決勝レース2ではクルメナッハ選手が11位、シェルダン選手が13位とレース1よりも順位を落としてしまう形となったが、チームタイトルのトータルポイントで162ptを獲得。
Manual Tech KYT Kawasaki Racingも同ポイントの162ptとなったが、より優勝回数の多かったWebike IKAZUCHI Racingのチャンピオン獲得が決定した。

また、ライダーランキングではWebike IKAZUCHI Racingのアンソニー・ウエスト選手が2戦の欠場を余儀なくされたものの、シーズンランキングで2位を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る