【新車】トライアンフ、新型「SPEED TWIN」を発表 優美で気品あふれるアイコン

トライアンフは、2019年モデルとなる新型「Speed Twin」を発表した。

新型「Speed Twin」は1200ccエンジンを搭載し、伝説的なTriumphの名を再び世に轟かせ、クラス最高峰のハンドリングとスリリングなパフォーマンスにより、カスタムロードスターの乗り心地や感覚の新たな次元を切り拓く。

カラーはシルバーアイス×ストームグレイ、コロシレッド×ストームグレイ、ジェットブラックの3色。
日本導入時期は2019年初春を予定しており、メーカー希望小売価格については未定。

伝説再び

世界で初めて大ヒットしたパラレルツインエンジンを革命的なシャシーに搭載し、モーターサイクルの様相を一変させた1938年オリジナルのTriumph Speed Twinは、ライダーたちに向けた啓示ともいえるモデルだった。
そのスムーズでダイナミックなハンドリングと優れたレスポンス性により、トライアンフはパフォーマンスと操作性において世界一のモーターサイクルブランドとしての地位を確立し、真の‘ライダーバイク’であるという世界的評価を獲得した。

2019年に、最新型1200cc Speed Twinがモダンクラシックラインナップに再び登場し、クラス最高峰のハンドリングにおける新基準を再度設定。モダンカスタムロードスターの乗り心地や感覚の新たなベンチマークを打ち立てている。

この最新型Speed Twinは、Street Twinの現代的なカスタムスタイルをすべて持ち合わせているが、より美しいプレミアムなディテールが付け加えられています。Thruxton Rの出力、トルク、テクノロジーすべてを、より扱いやすいモダンなセットアップで提供する。また、Bonneville T120の自信を鼓舞する走りと快適な乗り心地を実現しながらも、その走りはよりエルゴノミクスに基づいた形で提供される。

その結果、20世紀を象徴するそのモデル名のように、シャシーセットアップ、ライディングポジション、制動能力、サスペンション、真のモダンロードスターのスリリングなパワーデリバリーなど、まったく新しい基準を設定する新たなパフォーマンスのアイコンモデルとなっている。

クラス最高峰のハンドリング

新型Speed Twinは、正確で敏捷性に優れ、ダイナミックなモダンロードスターの走行、ライダーに自信を与える直感的な感覚により、クラス最高峰のハンドリングを実現する新たな基準をもたらした。

Thruxton Rから開発された専用の新フレームは、高性能のカートリッジ式フロントフォークとプリロード調整可能なツインリアサスペンションユニットと組み合わされ、快適で扱いやすいロードスターのエルゴノミクスを発揮し、比類のない真の走りを提供する。

スリリングな性能

新型Speed Twin専用にアップデートされた1200ccの高出力8バルブBonnevilleパラレルツインエンジンは、低慣性クランクと高圧縮ヘッドを特徴としており、Thruxton Rのパワープラントから開発された。
Thruxtonのエンジンと比較して2.5 kgの軽量化が実現。6,750rpmで発生する97PSの最高出力により、この新型Speed Twinは、2016/17年モデルのStreet Twinよりも76%、2018年モデルのStreet Twinよりも49%の大幅な出力強化を達成した。

加えて、新型Speed Twinのエンジンは112 Nm@4,950rpmの強力な最大トルクを誇り、2018年モデルのStreet Twinから驚異的な40%の強化が実現している。

SPEED TWIN

コロシレッド×ストームグレイ
(ハンドペイントのグラファイトコーチラインおよびホワイトストライプ付き)

シルバーアイス×ストームグレイ
(ハンドペイントのグラファイトコーチラインおよびホワイトストライプ付き)

ジェットブラック

仕様

エンジンタイプ 水冷SOHC並列2気筒 8バルブ270°クランク
排気量 1200cc
ボア/ストローク 97.6 x 80 mm
圧縮比 11.0 : 1
最高出力 97 PS / 96 BHP (71.5 kW) @ 6,750 rpm
最大トルク 112 Nm @ 4,950 rpm
燃料供給方式 マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エキゾーストシステム ブラシ仕上げ2-INTO-2 エキゾーストシステム(ツインサイレンサー)
駆動方式 チェーン
クラッチ 湿式多板アシストクラッチ
トランスミッション 6速
フレーム アルミニウム製クレードル付きチューブラースチール
スイングアーム アルミニウム製両持ち式
フロントホイール 鋳造アルミ合金製7スポーク 17 x 3.5インチ
リアホイール 鋳造アルミ合金製7スポーク 17 x 5インチ
フロントタイヤ 120/70 ZR17
リアタイヤ 160/60 ZR17
フロントサスペンション 41 mm径カートリッジ式フォーク(トラベル量120 mm)
リアサスペンション ツインショック(プリロード調整可能、リアホイールトラベル量120 mm)
フロントブレーキ 305 mm径ダブルディスク、Brembo製4ピストン固定キャリパー、ABS
リアブレーキ 220 mm径シングルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
全幅(ハンドルバーを含む) 760 mm
車高(ミラーを含まない) 1110 mm
シート高 807 mm
ホイールベース 1430 mm
キャスター角 22.8 º
トレール幅 93.5 mm
乾燥重量 196 kg (装備重量:215kg)
燃料タンク容量 14 L
燃料消費量 4.8 L/100 km(59 MPG)
CO2排出量 109.0 g/km

情報提供元 [ Triumph ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る