日本車LEGEND#2(昭和49~54年)マルチシリンダーの応酬、そして“限定解除”

日本が生んだ伝説の名車たちを紹介する新シリーズ。国産市販バイクが世界の頂点に上り詰めた昭和44年(1969年)から現代に至る50年の間に登場した”エポックメイキングなロードスポーツ”をテーマに、数回に分けてお届けします。

先進の多気筒化競争は6気筒にまで急発展。大型バイクに乗るには“限定解除”が必要に

世界ナンバーワンのバイクを作るのは日本のバイクメーカー。そんな時代が幕を開け、大排気量化と多気筒化の争いが激化していく。昭和50年(1975)には、それまで排気量の上限がなかった自動二輪免許に中型限定(400cc以下)が設定(小型自動二輪免許=125cc以下は昭和47年に導入)され、憧れの大型バイクに乗るためには、運転免許試験場で狭き門である”限定解除”試験に合格しなければならなくなった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る