ホンダ「タクト」「ジョルノ」にリコール 制動灯が点灯したままになるおそれ

※参考画像

■リコール届出日
平成30年11月29日

■リコール届出番号
4388

■リコール開始日
平成30年11月30日

■届出者の氏名又は名称
製作者名:本田技研工業株式会社 取締役社長 八郷隆弘

■問い合わせ先
お客様相談センター
0120-086819

■不具合の部位(部品名)
制動装置(ブレーキレバーブラケット)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ブレーキレバーブラケットのストップスイッチ位置決め溝の寸法が不適切なため、ストップスイッチが雨水等の被水による膨潤と収縮を繰り返して変形すると、当該ブラケットの位置決め溝端部まで押し込まれるものがある。そのため、ブレーキレバーを放した状態でも、制動灯が点灯したままになるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ブレーキレバーブラケットを対策品に交換する。

■不具合件数
45件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.4388のステッカーを貼付する。

■車名
ホンダ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「タクト」
  型式:JBH-AF79
  車台番号:AF79-1100001 から AF79-1161700
  製作期間:平成28年1月20日 から 平成29年8月30日
  対象台数:61,697台
  
・通称名:「タクト」
  型式:2BH-AF79
  車台番号:AF79-1200015 から AF79-1221721
  製作期間:平成29年9月21日 から 平成30年4月27日
  対象台数:21,707台

・通称名:「ジョルノ」
  型式:JBH-AF77
  車台番号:AF77-1000018 から AF77-1026310
  製作期間:平成27年9月18日 から 平成29年8月31日
  対象台数:26,291台

・通称名:「ジョルノ」
  型式:2BH-AF77
  車台番号:AF77-1100014 から AF77-1104920
  製作期間:平成29年10月25日 から 平成30年4月17日
  対象台数:4,907台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成27年9月18日 から 平成30年4月27日
・計 4型式2車種
・計 114,602台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る