ホンダが電動二輪車「PCX ELECTRIC」のリース販売を開始 企業、個人事業主、官公庁が対象

Hondaは、企業や個人事業主に向けて、原付二種(第二種原動機付自転車)の電動二輪車「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」のリース販売を11月30日(金)から開始する。

PCX ELECTRICは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評のスクーター「PCX」をベースに、新開発のコンパクトな電動パワーユニットを搭載。モーターにIPM(Interior Permanent magnet)構造※1を採用し、低回転からトルクのある特性を活かした力強くスムーズな発進性能と登坂性能を実現している。

※1 磁石埋め込み型

さらに、PCXシリーズの取り回しがしやすい車体サイズとゆったりとしたライディングポジションを継承することで、市街地などでの快適で上質な走りを提供。動力用電源に着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を2個使用するなど、一充電あたりの走行距離41km※2を実現している。

※2 60km/h定地走行テスト値

▲モバイルパワーパック

充電は車体に内蔵されたプラグを使用し、モバイルパワーパックを搭載した状態で外部電源※3に接続する方法のほか、モバイルパワーパックを車体から取り外し、単体で外部電源につないだオプションの専用充電器に接続する方法の2種類を採用することで、充電時の利便性に配慮している。

※3 AC100Vコンセントに対応

なお、電動二輪車に対するユーザーの多様な意見と要望を収集するために、PCX ELECTRICを用いたモニタリングが実施されるほか、首都圏におけるバイクシェアリングサービスと、観光地でのバイクレンタルサービスの実証実験が、日本国内で2019年春から開始される予定だ。

【関連ニュース】
ホンダ、「PCX ELECTRIC」の一般向けモニター募集を開始

さらに、東南アジア地域でも法人向けのリース販売が予定されており、フィリピンでの余剰電力活用システムの実証実験にも、PCX ELECTRICが使用される予定となっている。

Hondaでは、このモニタリング、レンタルサービスおよびシェアリングサービスを通じて、ビジネスユースからパーソナルユースにわたる電動二輪車の利便性の検証と活用状況のデータを、今後のさらなる開発に活かし、よりユーザーに身近な電動二輪車の普及に向けた取り組みを進めていく。

PCX ELECTRIC(パールグレアホワイト)

計画台数(国内・年間)

250台

※本製品は企業、個人事業主、官公庁に限定したリース専用車両。リース料金は期間・プラン等により異なる。

PCX ELECTRICの主な特徴

EVシステム

・新開発のEVシステムは、エネルギー密度の高いリチウムイオンバッテリーを採用した電圧48Vのモバイルパワーパック2個を直列に接続させた96V系のシステム。

・モーターは、エネルギー変換効率に優れ、発進時の低回転域でも高い出力を発揮するIPM構造を採用。スムーズな走行・登坂に必要な性能として最大4.2kW(定格出力0.98kW)のモーター出力を実現したほか、モーターの温度保護制御、細かな通電制御を行うことでモーターを冷却するオイルポンプやラジエーター、クラッチを不要とし、パワフルでありながらコンパクトなパワーユニットに仕上がっている。

・モバイルパワーパックへの充電時間は、2個のモバイルパワーパックを車体に搭載した状態で車体側プラグを外部電源に接続する充電方法では、ゼロの状態から満充電まで約6時間※4。車体から取り外した単体のモバイルパワーパックを外部電源につないだオプションの専用充電器に接続する方法では、ゼロの状態から満充電まで約4時間※4

※4 充電時間は、コンセント接続時の定められた試験条件のもとでの値。モバイルパワーパックの状態、充電時の環境、車両、整備などの諸条件により異なる。

車体

・PCXのラゲッジボックスに相当する部分に配したモバイルパワーパックと、リアタイヤの可動スペースを両立させるため、ホイールベースを延長するとともにPCXシリーズ初となるハガータイプのリアフェンダーを採用。PCX同等の全長を実現することで市街地などでの走行時の取り回しのしやすさ、ゆったりとしたライディングポジションを継承している。

・ホイールベースの延長にともない、PCXからリアクッションの全長変更とパワーユニット側への取り付け位置を後方に移動したほか、3段階にレートが異なるスプリングを採用。モーターを含むリアクッション下の懸架には、専用設計のパワーユニットハンガーを採用するなど、振動の少ないEVパワーユニットの特性と相まって、上質な乗り心地に寄与している。

・ブレーキには、フロントのみが作動するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用している。

スタイリング

・流麗で伸びやかなフォルムを基調に、フロントからリアまで連続的に変化のあるボディー曲面で構成。省電力に寄与するLEDを採用した灯火器類は、ヘッドライトの上下に配したシグネチャーランプ(ポジションランプ)裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとし、消灯時にそれぞれの部位をブルーに見せるほか、パワーユニット後端部に装着されたハガータイプのリアフェンダーを採用するなど、先進性と特別感をさらに高めたスタイリングとしている。

・カラーリングは、電動二輪車のクリーンなイメージを演出する、パールグレアホワイトの1色を設定。各部に配した統一感のあるキャンディーブルーのアクセントで車両全体の印象を引き締めるとともにPCX ELECTRICの特別感をより高めている。

その他の装備

・メーターパネルには、EVシステムのさまざまな情報を分かりやすく表示。スピードメーターや時計に加え、モバイルパワーパックの残量計のほか、車体側プラグを使用した充電中に点灯する充電インジケーターなどを設定している。

・Honda SMART Key システムを採用。スマートキーを携帯して車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠を可能としている。

主要諸元

通称名 PCX ELECTRIC
車名・型式 ホンダ・ZAD-EF01
全長×全幅×全高 (mm) 1,960×740×1,095
軸距(mm) 1,380
最低地上高 (mm)★ 132
シート高 (mm)★ 760
車両重量 (kg) 144
乗車定員 (人) 2
一充電走行距離※5(km)
国土交通省届出値
41(60km/h定地走行テスト値)
<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.1
原動機形式・種類 EF01M・交流同期電動機
定格出力 (kw) 0.98
最高出力 (kW[PS]/rpm) 4.2[5.7]/5,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 18 [1.8]/500
メインバッテリー種類 リチウムイオン電池
メインバッテリー電圧/容量 50.4V/20.8Ah×2個
バッテリー充電電源 AC100V(単相)
タイヤ 100/80-14M/C 48P
120/70-14M/C 55P
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 ダブルクレードル

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※5 一充電走行距離は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。一充電走行距離は、車速一定で走行した実測にもとづいた値。

問い合わせ先

お客様相談センター
0120-086819

情報提供元 [ Honda ]

参考:【PCX ELECTRIC 試乗インプレ】
電動PCXに早速乗ってきました!(動画付き)

PCX ELECTRIC

Webikeスタッフが気になる車両を徹底インプレ!
実際に試乗したインプレッションはもちろん、車両サイズや重量、スタイリングから細部の仕様までをピックアップ。”ジブン目線”で熱く語ります!

→「PCX ELECTRIC」試乗インプレはこちら

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る