’80年のケルンショーで大反響を巻き起こし、以後はスズキの代表作として認知されて来たカタナ。同社はこれまでに、さまざまなモデルにこの車名を使用して来たが、スタイリングの継承と発展という見方をするなら、‘19年から発売が始まる新型は3代目のカタナとなる。 
※ヤングマシン2018年12月号(10月24日発売)付録冊子より

日本の武士道を象徴する抜き身の日本刀がモチーフ

たまたまカタナになったのではなく、スズキが当初からカタナとして開発したモデルの系譜は、(1)’82年型に端を発する初代シリーズとその派生機種、(2)’84/85年に販売されたGSX750S3/4、(3)’19年から発売が始まる新型の3種に大別できる。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る